芥川龍之介の名言


芥川龍之介の名言

Ryūnosuke Akutagawa
芥川龍之介

日本の小説家。作品の多くは短編。主な作品に「羅生門」「鼻」「芋粥」「藪の中」などがある。夏目漱石門下生の一人。

国: 日本(現在の東京都中央区明石町)
生: 1892年3月1日
没: 1927年7月24日(享年35歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1892年(明治25年)3月1日、東京市京橋区入船町(現:中央区明石町)に牛乳製造販売業を営む新原敏三、フクの長男として生まれる。11歳の時に母が亡くなり、叔父芥川道章の養子となり芥川姓を名乗ることになった。

旧家の士族芥川家は江戸時代、代々徳川家に仕え雑用、茶の湯を担当したお数寄屋坊主の家であり、芸術・演芸を愛好し江戸の文人的趣味が残っていた。

中学での成績が優秀であったため、無試験で第一高等学校(旧制一高)に入学。1913年に東京帝国大学英文学科へ進学。在学中に菊池寛、久米正雄らと同人誌『新思潮』を刊行。同誌上に処女小説「老年」を発表。1915年に代表作「羅生門」を発表。同年、夏目漱石門下に入り、「鼻」が漱石に絶賛される。この年に東京帝国大学文科大学英文学科を20人中2番の成績で卒業した。

大学を卒業後、海軍機関学校の英語の嘱託教官として教鞭を執る。同時に創作にも励み、1917年5月には初の短編集『羅生門』を刊行する。1919年に教職を辞して大阪毎日新聞社に入社。出社の義務はなく、創作に専念する。同年に結婚。

1921年に海外視察員として中国を訪れ、北京で胡適に会う。帰国後次第に心身が衰え始め、神経衰弱、腸カタルなどを病む。作品もこの頃から私小説的な傾向が現れ、晩年の「歯車」「河童」などへと繋がる。

1925年に文化学院文学部講師に就任。1926年には病状が悪化し、湯河原で療養。その後、鵠沼の旅館に滞在して妻子を呼び寄せる。1927年4月、芥川の秘書を勤めていた平松麻素子と帝国ホテルで心中未遂事件を起こす。そして、同年7月、「続西方の人」を書き上げた後、斎藤茂吉からもらっていた致死量の睡眠薬を飲んで自殺した。

死の8年後、親友で文藝春秋社主の菊池寛が、芥川の名を冠した新人文学賞「芥川龍之介賞」を設立した。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

芥川龍之介 名言集


 
 
(P. 2 3 4 5

Page: 1

自由は山巓の空気に似ている。どちらも弱い者には堪えることは出来ない。

完全に自己を告白することは、何びとにも出来ることではない。同時にまた、自己を告白せずには如何なる表現も出来るものではない。

古来政治的天才とは民衆の意思を彼自身の意思とするもののように思われていた。が、これは正反対であろう。むしろ政治的天才とは彼自身の意思を民衆の意思とするもののことをいうのである。

正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理屈さえつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。

恋愛の徴候の一つは彼女に似た顔を発見することに極度に鋭敏になることである。

我々はしたいことの出来るものではない。ただ、出来ることをするものである。

どうせ生きているからには、苦しいのはあたり前だと思え。

女は常に好人物を夫に持ちたがるものではない。しかし男は好人物を常に友だちに持ちたがるものである。

運命は偶然よりも必然である。「運命は性格の中にある」という言葉はけっしてなおざりに生まれたものではない。

あらゆる社交はおのずから虚偽を必要とするものである。

人間は時として、満たされるか満たされないかわからない欲望のために一生を捧げてしまう。その愚を笑う人は、つまるところ、人生に対する路傍の人に過ぎない。

人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わねば危険である。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒