アンディ・ウォーホルの名言


アンディ・ウォーホル名言集

Andy Warhol
アンディ・ウォーホル

アメリカの画家、版画家、芸術家。ポップアートの旗手。

国: 米国(ペンシルベニア州 ピッツバーグ)
生: 1928年8月6日
没: 1987年2月22日(享年58歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1928年8月6日、アメリカ北東部のペンシルベニア州ピッツバーグにスロバキアの移民の子(三男)として生まれる。

両親は敬虔なカトリック教徒で、アンディも生涯を通じ教会へ通った。

幼いころからアンディは虚弱で、肌は白く日光アレルギーがあり、赤い鼻をしていた。また、早くから芸術の才能を現していたという。

1942年、アンディが14歳のときに肉体労働者だった父が死去。その後は母に育てられる。

アンディもアルバイトをしながら高校に通い、ピッツバーグにあるカーネギー工科大学(現:カーネギーメロン大学)に進学。大学では広告芸術を学び1949年に卒業した。

卒業後はニューヨークへ移り『ヴォーグ』など雑誌の広告やイラストで知られるようになる。

1952年には新聞広告美術の部門で「アート・ディレクターズ・クラブ賞」を受賞。商業デザイナー・イラストレーターとして成功する。

1960年、32歳のウォーホルは、イラストレーションの世界を捨て、ファインアートの世界へ移り、『バットマン』、『スーパーマン』などのコミックをモチーフに一連の作品を制作。

1961年には身近にあったキャンベル・スープの缶やドル紙幣をモチーフにした作品を描く。

1964年、36歳のウォーホルは、ニューヨークにファクトリーと呼ばれるスタジオを構える。ここでアート・ワーカー(芸術労働者)を雇い、シルクスクリーンプリント、靴、映画などの作品を制作。ファクトリーは、ミック・ジャガー、トルーマン・カポーティなど、アーティストたちが集まる場となる。

1968年6月、アンディ・ウォーホルはファクトリーの常連で「全男性抹殺団」のメンバーだった女性に拳銃で狙撃される。彼は重体となるが一命をとりとめた。

1970年、「ライフ」誌にて、ビートルズとともに「1960年代にもっとも影響力のあった人物」としてアンディ・ウォーホルが選ばれる。

1972年、アンディが44歳のときに母が死去。

1974年には初来日。

1987年2月22日、アンディ・ウォーホルは心臓発作で死去。58歳の生涯を閉じた。アンディは生涯独身だった。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全173人)
 

アンディ・ウォーホル 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2

Page: 1

美しくない人なんて、僕は出会ったことがない。

I’ve never met a person I couldn’t call a beauty.

孤立することが悪いなんてちっとも思わない。僕にとっては最高の気分さ。

I don’t see anything wrong with being alone, it feels great to me.

物事を見すぎることで、それが持つ意味がまったく見えなくなることを僕は怖れる。

I’m afraid that if you look at a thing long enough, it loses all of its meaning.

考えは豊かに、見た目は貧しく。

Think rich, look poor.

時が物事を変えるって人はいうけど、実際は自分で変えなくちゃいけないんだ。

They always say that time changes things, but you actually have to change them yourself.

誰もが15分間なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう。

In the future everyone will be world-famous for 15 minutes.

人生って、繰り返し見る度に変化していく映像のようなものだ。そうだろう?

Isn’t life a series of images that change as they repeat themselves?

自分について何か書かれていても、その内容は気にしちゃいけない。大事なのは、どのくらいのスペースが割かれているかだ。

Don’t pay any attention to what they write about you. Just measure it in inches.

それはあまりたいした問題じゃない。私はいつもこの「それはたいした問題じゃない」という哲学を持ってきた。

退屈なことが好きなんだ。

I like boring things.

もしアンディー・ウォーホルのすべてを知りたいのならば、私の絵と映画と私の表面だけを見てくれれば、そこに私はいます。裏側には何もありません。

If you want to know all about Andy Warhol, just look at the surface of my paintings and films and me, and there I am. There’s nothing behind it.

好調なビジネスは、何よりも魅力的な芸術だ。

Being good in business is the most fascinating kind of art.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒