セルバンテスの名言


セルバンテスの名言

Miguel de Cervantes
ミゲル・デ・セルバンテス

小説家。スペイン語圏における大文学者であり、代表作は『ドン・キホーテ』。同時代のシェイクスピアも『ドン・キホーテ』を読んでいたとされ、また、チャールズ・ディケンズドストエフスキーなど、多くの文学者に影響を与えた。

国: スペイン
生: 1547年9月29日
没: 1616年4月23日(享年68歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

かっこいいひとこと ・頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全200人)
 

セルバンテス 名言集(英語&日本語)

 
 
(P. 2 3 4

セルバンテスの名言(P. 1)

喜劇で一番難しい役は愚か者の役であり、その役を演ずる役者は馬鹿ではない。

The most difficult character in comedy is that of the fool, and he must be no simpleton that plays that part.

セルバンテスの名言

ペンは魂の舌である。

The pen is the tongue of the soul.

セルバンテスの名言

一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ。

セルバンテスの名言

富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。

He who loses wealth loses much; he who loses a friend loses more; but he that loses his courage loses all.

セルバンテスの名言

君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。

Tell me what company you keep, and I’ll tell you what you are.

セルバンテスの名言

真の勇気というものは、臆病と無鉄砲との中間にある。

True valor lies between cowardice and rashness.

セルバンテスの名言

機知の切れ味を鈍らせまいと思うなら、あまり機知を鋭くしてはいけない。

セルバンテスの名言

幸運はそれが失われるまで知られない。

セルバンテスの名言

人間とは、己の行った仕事の子供である。

Every man is the son of his own works.

セルバンテスの名言

流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れに身をまかせれば、どんなに弱い人でも岸に流れ着く。

セルバンテスの名言

人生は一枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである。

セルバンテスの名言

生命のあるかぎり、希望はあるものだ。

While there’s life there’s hope.

セルバンテスの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒