チャップリンの名言


Page: 3

いいかい、もし、良いと思ったら、どうやろうかなどと決して心配するな。つまり直感だよ。

最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる。

人に大切なのは、自信を持つことだ。私が孤児院にいたとき、腹をすかせて街をうろついて食いものをあさっていたときでも、自分では世界一の大役者ぐらいのつもりでいた。つまり勝ち気だったのだ。こいつをなくしてしまったら、人はうち負かされてしまう。

すべてのものに欲望がある。欲望があるから、バラはバラらしく咲き、岩は岩でありたいと頑張っている。

幸福を手にするための戦いは美しいものです。

わずかの人間で決めた賞なんて、そうたいした名誉ではない。私のほしいのは大衆の喝采だ。大衆が私の仕事を賞賛してくれたならば、それで十分だ。

必要なのは知識でなく思いやりである。思いやりがなければ残るのは暴力だけである。心に愛を知らぬものだけが憎しみ合うのだ。人生はもっと美しく、もっと素晴らしいはずだ。

失敗は重要ではない。自分自身を馬鹿にするのはなかなか勇気がいる。

Failure is unimportant. It takes courage to make a fool of yourself.

権力と威厳を持ちすぎる者は、いつでも最後には人々の嘲笑の的となる。

私たちがみんなで、小さな礼儀作法に気をつけたなら、人生はもっと暮らしやすくなる。

私は悲劇を愛する。悲劇の底にはなにかしら美しいものがあるからこそ、愛するのだ。

アイデアというものは、それを一心に求めてさえいれば必ず生まれてくる。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒