エラ・ウィーラー・ウィルコックスの名言


エラ・ウィーラー・ウィルコックスの名言

Ella Wheeler Wilcox
エラ・ウィーラー・ウィルコックス

アメリカの著作家、詩人。

国: 米国(ウィスコンシン州ジェーンズビル)
生: 1850年11月5日
没: 1919年10月30日(享年68歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全181人)
 

エラ・ウィーラー・ウィルコックス 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2

Page: 1

友情が土台にない愛は、砂上の楼閣でしかない。

All love that has not friendship for its base, is like a mansion built upon the sand.

収穫期を迎えることはないかもしれないが、あなたの一つ一つの行動が種をまいているのです。

With every deed you are sowing a seed, though the harvest you may not see.

沈黙の罪とは、抗議すべきときに黙り込む卑怯者を生み出すことである。

To sin by silence, when we should protest, Makes cowards out of men.

この世には二種類の人間がいる。努力する人と人の努力にたよる人。

君が笑えば、世界は君とともに笑う。君が泣けば、君は一人きりで泣くのだ。

Laugh, and the world laughs with you; Weep, and you weep alone.

年齢なんか単なる思い込み。こちらが無視してしまえば、あちらだって無視してくれる。

幸せだって言いなさい。信念があって健康で、元気いっぱいだと言いなさい。そうすれば神様はあなたの声をきいて、その通りにしてくださるでしょう。

来るものは何でも、必ず去っていく。

Whatever comes, This too shall pass away.

人生が歌のように流れているときに楽しい気分になるのはたやすい。だが、立派な男とは八方ふさがりのときでも笑える男だ。

‘Tis easy enough to be pleasant, When life flows along like a song; But the man worth while is the one who will smile when everything goes dead wrong.

雑草とは、ただ人に愛されていない花。

A weed is but an unloved flower.

愛は憎しみに消されるよりも多くの火をともすのです。世界が成熟するにつれて人間は立派になるのです。

Love lights more fires than hate extinguishes, and men grow better as the world grows old.

吹いている風がまったく同じでも、ある船は東へ行き、ある船は西へ行く。進路を決めるのは風ではない、帆の向きである。人生の航海でその行く末を決めるのは、なぎでもなければ、嵐でもない、心の持ち方である。

One ship drives east and another drives west with the selfsame winds that blow. It’s the set of the sails and not the gales that tell us the way to go. As we voyage along through life, It’s the set of a soul that decides its goal, and not the calm or the strife.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒