エーリッヒ・フロムの名言


エーリッヒ・フロムの名言

Erich Fromm
エーリッヒ・フロム

社会心理学、精神分析、哲学の研究者。ユダヤ系。マルクス主義とフロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けた。新フロイト派とされる。代表作「自由からの逃走」ではファシズムの心理学的起源を明らかにし、デモクラシー社会が取るべき処方箋を明らかにしている。主な著書に「自由からの逃走」「愛するということ」などがある。

国: ドイツ(フランクフルト・アム・マイン)
生: 1900年3月23日
没: 1980年3月18日(享年79歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

エーリッヒ・フロム 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3

Page: 1

愛においては、二人が一人になり、しかも二人でありつづけるというパラドックスが起きる。

※パラドックス:矛盾のようで正しい説、一見正しく見える矛盾した言葉

In love the paradox occurs that two beings become one and yet remain two.

権力欲は強さでなく弱さに根ざしている。

The lust for power is not rooted in strength but in weekness.

未熟な愛は言う、「愛してるよ、君が必要だから」と。成熟した愛は言う、「君が必要だよ、愛してるから」と。

Immature love says: “I love you because I need you.” Mature love says: “I need you because I love you.”

自分自身を信じている者だけが、他人にたいして誠実になれる。

Only the person who has faith in himself is able to be faithful to others.

一人でいられる能力こそ、愛する能力の前提条件なのだ。

The ability to be alone is the condition for the ability to love.

人生において人がなすべき主な仕事とは、自分自身を誕生させることである。可能性としての自分を実現することである。人の努力のもっとも重要な成果とは、その人自身のパーソナリティである。

Man’s main task in life is to give birth to himself, to become what he potentially is. The most important product of his effort is his own personality.

現代人は、ものごとを急いでしないと、何か、つまり、時間を損したような気持ちになる。しかし、時間つぶし以外には、浮かせた時間をどう使っていいのかは分からないのである。

Modern man thinks he loses something – time – when he does not do things quickly. Yet he does not know what to do with the time he gains – except kill it.

愛は、人間の実存という問題への、唯一の健全で満足のいく答えである。

Love is the only sane and satisfactory answer to the problem of human existence.

愛は技術だろうか。技術だとしたら、知識と努力が必要だ。

Is love an art? Then it requires knowledge and effort.

過去の危険は、人間が奴隷になることだった。未来の危険は、人間がロボットになるかもしれないことだ。

The danger of the past was that men became slaves. The danger of the future is that men may become robots.

二人の人間は、自分の交換価値の限界を考慮したうえで、市場で手に入る最良の商品を見つけたと思ったときに、恋に落ちる。

利己的な人は、自分を愛しすぎるのではなく、愛さなすぎるのである。いや実際のところ、彼は自分を憎んでいるのだ。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒