ジョージ・エリオットの名言


Page: 2

ゴシップはパイプやたばこがまき散らす一種の煙で、スモーカーの悪趣味以外の何ものでもない。

Gossip is a sort of smoke that comes from the dirty tobacco-pipes of those who diffuse it: it proves nothing but the bad taste of the smoker.

何も言うべきことがないときに、それを口で証明するのでなく慎んでいてくれる人というのは、ありがたいものです。

Blessed is the man who, having nothing to say, abstains from giving us wordy evidence of the fact.

過ちを非難しすぎるよりも、過ちを許しすぎる方がずっといい。

It is surely better to pardon too much, than to condemn too much.

最も幸福な女性は、最も幸福な国と同じように、歴史を持っていない。

The happiest women, like the happiest nations, have no history.

信用されないほど寂しいことがあるだろうか。

What loneliness is more lonely than distrust?

人生は、目を覚まして母の顔を愛するところから始まった。

Life began with waking up and loving my mother’s face.

人生の流れの中で、輝かしい瞬間はあっという間に過ぎ去り、今は砂原しか見えない。天使が私たちを尋ねてくる。だけどそのことに気が付くのは、彼らが去ってしまったあとのこと。

The golden moments in the stream of life rush past us and we see nothing but sand; the angels come to visit us, and we only know them when they are gone.

さあ顔を上げて!君は失敗するために生まれてきたんじゃない、成功するために生まれてきたんだ。嬉々とした自信を持って前に進め。

Hold up your head! You were not made for failure, you were made for victory. Go forward with a joyful confidence.

もっとバラの花が欲しければ、もっと沢山のバラの木を植えなさい。

悪魔が私たちを誘惑するのではない。私たちが悪魔を誘惑するのだ。

空の星になれないなら、せめて家庭の灯になりなさい。

何事も実現するまでが、一番楽しい。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒