本田圭佑の名言

本田圭佑名言・格言集

Keisuke Honda
本田圭佑

日本のプロサッカー選手。日本代表。サッカークラブ・SVホルンの実質オーナー。

国: 日本(大阪府摂津市)
生: 1986年6月13日

本田圭佑 おすすめ書籍

【経歴】 名言集へ行く

1986年、大阪府摂津市に生まれる。小学2年生の春に両親は離婚。同年、地元の摂津FCに入団してサッカーを始める。

中学入学後、ガンバ大阪ジュニアユースに所属。家長昭博、安田理大らと共にプレーする。しかし、スタミナやスピードに難があり、ユースチームへの昇格ができなかった。

石川県星稜高校へ進学。3年時には全国高校サッカー選手権大会に出場し、石川県勢初のベスト4に貢献する。

高校卒業後に「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条件で名古屋グランパスとプロ契約を結ぶ。開幕戦から先発出場してアシストを決め、翌年にはレギュラーに定着。

2005年にはU-20日本代表として招集、翌年にはA代表にも飛び級で招集される。

2008年1月、オランダのVVVフェンローへ移籍。翌シーズンには2部リーグ優勝と1部復帰に貢献し、2部リーグの年間最優秀選手賞を受賞。

2010年1月、ロシアの強豪CSKAモスクワへ移籍。2012年、イタリア・セリエAの強豪SSラツィオへの移籍が取り沙汰されるも、高額な移籍金がネックとなり破談。

2013年12月、イタリアセリエAのACミランへ移籍。背番号は自ら希望した「10番」。2014年1月にセリエAデビューを果たす。

2015年6月、オーストリア2部に所属するSVホルンの経営に参入。欧州では下部リーグであってもトップチームにスカウトされるチャンスがあり、若くして欧州でプレーする日本人選手を増やしたいという意図がある。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語名言 ・かっこいい英語名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

本田圭佑 名言集


 
 
(P. 2 3

Page: 1

俺の人生は挫折の連続なんです。でもそこからはい上がろうとして、未知の世界を知ることもある。

最近、身近な人にウサギとカメの話をよくするんですよ。日本人は足も遅いし、身体も弱い。そのカメがウサギに勝とうと思ったら、進み続けないといけない。悩んでいる同級生とかがいたら、それをぶつけますね。「どうやったら勝てるか考えろ。進み続ける以外にないやろう」って。

勝負を決めるのは準備。なかでも気持ちの準備以上のものはないと思う。

一年後の成功を想像すると日々の地味な作業に取り組むことができる。

これで満足したら終わりなんで。

環境というのは与えられるようじゃダメだ。自分でつくりだすもの。

ライバルに差をつけたいのなら、環境を変えてほしい。なんだかんだ言っても一度ぬるま湯に浸かってしまうと、なかなか抜け出せない。だから、「何か物足りない」と思ったら、自分のことを知らない環境に飛び込んで行ってほしいと思う。

俺ってすごくポジティブな性格だけど、裏を返せば、実はすごく不安な性格なんです。不安だから努力しようと思う。簡単に言えば強がっているんですよ。

今は苦しいですけど、真剣に向き合うことで見えてくることがある。

挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ。

僕は毎日、こうなりたいというイメージを頭のなかに描いている。でも強い相手と1試合すると、そうやってイメージする以上に明確になりたい自分の姿がはっきりと見えてくる。「こうなりたい」が、「こうでなければならない」に変わる。

リスクのない人生なんて、逆にリスクだ。僕の人生なんてリスクそのものなんで。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒