伊藤博文の名言


伊藤博文の名言

Itō Hirobumi
伊藤博文

日本の武士(長州藩士)、政治家。吉田松陰の松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣や初代韓国統監を歴任。1909年、ハルビンで朝鮮民族主義活動家の韓国人安重根に暗殺された。

国: 日本・長州藩(現在の山口県光市)
生: 1841年10月16日
没: 1909年10月26日(享年68歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

伊藤博文 名言集


 
 
(P. 2

Page: 1

たとえここ(英国)で学問をして業が成っても、自分の生国が亡びては何の為になるか。

大いに屈する人を恐れよ、いかに剛にみゆるとも、言動に余裕と味のない人は大事をなすにたらぬ。

いやしくも天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ。

本当の愛国心とか勇気とかいうものは、肩をそびやかしたり、目を怒らしたりするようなものではない。

私の言うことが間違っていたら、それは間違いだと徹底的に追及せよ。君らの言うことがわからなければ、私も君らを徹底的に攻撃する。互いに攻撃し議論するのは、憲法を完全なものにするためである。くり返すが、長官だの秘書官だのという意識は一切かなぐり捨てて、討論・議論を究めて完全なる憲法をつくろうではないか。

われわれに歴史は無い。我々の歴史は、今ここからはじまる。

国の安危存亡に関係する外交を軽々しく論じ去つて、何でも意の如く出来るが如くに思ふのは、多くは実験のない人の空論である。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒