ユリウス・カエサルの名言


ユリウス・カエサルの名言

Julius Caesar
ガイウス・ユリウス・カエサル

共和政ローマ期の政治家、軍人。ガリア全域を征服。帝政を嫌ったブルータスらに暗殺される。カエサルの築いた権力集中システムは、元首政として後継者のアウグストゥスに引き継がれ、帝政ローマ誕生の礎となる。

国: ローマ
生: 紀元前100年
没: 紀元前44年3月15日(享年56歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

かっこいいひとこと ・頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全198人)
 

ユリウス・カエサル 名言集(英語&日本語)

 
 
(P. 2

ユリウス・カエサルの名言(P. 1)

分断して征服せよ。

Divide and conquer.

ユリウス・カエサルの名言

わたしは王ではない。カエサルである。

I am Caesar, not Rex.

ユリウス・カエサルの名言

カエサルの妻たる者は、疑われることさえもあってはならない。

Caesar’s wife must be above suspicion.

ユリウス・カエサルの名言

学習より創造である。創造こそ生の本質なのだ。

It is better to create than to learn! Creating is the essence of life.

ユリウス・カエサルの名言

概して人は、見えることについて悩むよりも、見えないことについて多く悩むものだ。

As a rule, men worry more about what they can’t see than about what they can.

ユリウス・カエサルの名言

率先して死のうとする男を見つけ出すのは、忍耐をもって苦痛に耐えようとしている男を発見するより容易である。

It is easier to find men who will volunteer to die, than to find those who are willing to endure pain with patience.

ユリウス・カエサルの名言

人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。

Men willingly believe what they wish.

ユリウス・カエサルの名言

ローマで二番になるより、村で一番になりたいものだ。

I had rather be first in a village than second at Rome.

ユリウス・カエサルの名言

全ガリアは三つの部分に分かれる。

※「ガリア戦記」第一章冒頭の言葉。

All Gaul is divided into three parts.

ユリウス・カエサルの名言

来た、見た、勝った。

※ゼラの戦いの勝利をローマに知らせた言葉。

I came, I saw, I conquered.

ユリウス・カエサルの名言

賽(さい)は投げられた。

※軍を率いてルビコン川を通過した際の言葉。軍団を率いてルビコン川を越えることはローマ法で禁止されており、ローマに対する反逆とみなされた。「もうあとへは引けない」という意味。

The die is cast.

ユリウス・カエサルの名言

ブルータス、お前もか。

※暗殺された際、叫んだとされる言葉。

Even you, Brutus?

ユリウス・カエサルの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒