勝海舟の名言


勝海舟の名言

Kaishū Katsu
勝海舟

日本の武士(幕臣)、政治家。山岡鉄舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と称される。

国: 日本・江戸本所亀沢町(現在の墨田区両国)
生: 1823年3月12日
没: 1899年1月21日(享年75歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1823年3月12日、江戸本所亀沢町(現:東京都墨田区両国)に生まれる。

勝家は1575年以来の御家人であり、海舟の系譜上の高祖父が1752年に累進して旗本の列に加わった古参の幕臣であった。

海舟は幼少時に11代将軍・徳川家斉の孫となる一橋慶昌の遊び相手として江戸城へ召される。一橋家の家臣として出世する可能性もあったが慶昌は早世。

修業時代、海舟は剣術、禅、蘭学を学ぶ。また、蘭学者・佐久間象山の勧めもあり西洋兵学を修め、1850年、27歳で田町に蘭学と兵法学の私塾を開いた。

1853年にペリー艦隊が来航。開国を要求された幕府は海防に関する意見書を幕臣から町人に至るまで広く募集。勝海舟の意見書が老中の目にとまり、1855年、32歳で異国応接掛附蘭書翻訳御用に任じられて念願の役入りを果たす。

その後、長崎海軍伝習所に入門、5年間を長崎で過ごす。この時期に海舟は薩摩を訪れて薩摩藩主・島津斉彬(1809~1858)とも会っている。

1860年、幕府は日米修好通商条約の批准書交換のため、遣米使節をアメリカ・サンフランシスコへ派遣。護衛を目的に咸臨丸も渡航、海舟も教授方頭取として乗船した。同船には、通訳のジョン万次郎、福澤諭吉らも乗船。

1862年、39歳の海舟は軍艦奉行並に就任。神戸に海軍操練所を作り、薩摩や土佐藩の脱藩者らも塾生となる。この塾頭が坂本龍馬であった。

勝海舟は、幕府の海軍ではない「日本の海軍」建設を目指すが、保守派から睨まれて1864年に軍艦奉行を罷免。約2年の蟄居生活を送る。海舟はこの時期に西郷隆盛と初めて会っている。

1867年、徳川慶喜は大政奉還を建白。しかし、1868年に鳥羽・伏見にて旧幕府軍と薩摩藩との間で戦端が開かれ、薩摩藩・長州藩を中核とした官軍・新政府軍と、旧幕府勢力および奥羽越列藩同盟が戦う戊辰戦争へと拡大。

1868年、官軍の東征が始まると、旧幕府は勝海舟を呼び戻し、陸軍総裁として全権を委任。勝は早期停戦と江戸城の無血開城を主張し、和平交渉が始まる。

まず、山岡鉄舟を西郷隆盛との交渉に向かわせて基本条件を整え、江戸城総攻撃の直前に勝海舟が西郷隆盛と会談、江戸城開城と徳川宗家の今後などについて交渉し、江戸城下での市街戦は回避された。

明治維新後も旧幕臣の代表格として、外務大丞、兵部大丞、参議兼海軍卿、元老院議官、枢密顧問官を歴任。また、徳川慶喜を明治政府に赦免させることに尽力した。

1899年1月19日、海舟は75歳の生涯を閉じる。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全170人)
 

勝海舟 名言集


 
 
(P. 2 3

Page: 1

事を成し遂げる者は愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。

その人がどれだけの人かは、人生に日が当たってない時にどのように過ごしているかで図れる。日が当たっている時は、何をやってもうまくいく。

世の中に無神経ほど強いものはない。

機先を制するというが、機先に遅れる後の先というものがある。相撲取りを見てもただちにわかる。

やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。

世に処するには、どんな難事に出逢っても臆病ではいけない。「さあ、なにほどでも来い。おれの身体がねじれるならばねじってみろ」という料簡で事をさばいてゆくときは、難時が到来すればするほどおもしろ味がついてきて、物事は造作もなく落着してしまうものだ。

生業に貴賤はないけど、生き方に貴賤があるねえ。

あれのこれのと心配ばかりしていては、自然と気が餓え神(心)が疲れて、とても電光石火に起こりきたる事物の応接はできない。

学者になる学問は容易なるも、無学になる学問は困難なり。

大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。

時勢の代わりというものは妙なもので、人物の値打ちががらりと違ってくるよ。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒