結婚前

Page: 3

結婚生活をいくらでもほめたたえてよい。しかし自分自身は独身でいたまえ。

フィールディング(英国の劇作家、小説家 / 1707~1754)

できるだけ早く結婚することは女のビジネスであり、できるだけ結婚しないでいることは男のビジネスである。

It is a woman’s business to get married as soon as possible, and a man’s to keep unmarried as long as he can.

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

その女性がもし男であったならきっと友達に選んだろう、と思われるような女でなければ妻に選んではいけない。

ジュベール(フランスのモラリスト、随筆家 / 1754~1824)

結婚して、女らしい気持ちになって、自分に誇りをもったわ。だからすさんだ気分にならないの。はじめて自分が保護されているという感じがするわ。

マリリン・モンロー(米国の女優 / 1926~1962)

二人の結婚は美しかった。なぜなら彼女は離婚する力を持っていたから。二人の離婚もまた美しかった。なぜなら彼女は友達となれる心を持っていたから。

川端康成(日本の小説家、ノーベル文学賞受賞 / 1899~1972)

人は無我夢中に急いで結婚するから一生悔いることになる。

モリエール(フランスの劇作家、古典主義の三大作家 / 1622~1673)

結婚とは、幻想を父とし、必要性を母として生まれるものである。

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900)

人間の一生のあらゆる行動のうちで、結婚は他人に関係することの最も少なきものである。だがそれはまた、あらゆる行動の中で他人に干渉されることの最も多きものである。

セルデン(詳細不明)

長いこと結婚指輪が活躍してくれましたわ。誘惑からも守ってくれました。パーティーでは夫を何度も思い出させてくれ、もう帰る時間よとうながしてくれました。夕食のお相手をホッとさせたこともありますし、産科の病室では結婚指輪がステータスシンボルでした。

エルマ・ボンベック(米国の女性ユーモア作家 / 1927~1996)

結婚とはセルフサービスの食事のようなものだ。自分の欲しい料理を選んだ後で、隣りの人たちのお皿の中身を見る。そして、どうして自分は彼らと同じ物を選ばなかったのだろうと自問するのである。

J・ドラークル(詳細不明)

四十歳を過ぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。

ジョージ・メレディス(英国の小説家 / 1828~1909)

あらゆる人間の闘争のうちで、男の芸術家と母としての女の闘争ほど、残忍かつ悲惨なものはない。

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒