キルケゴールの名言




キルケゴールの名言(P. 2)

めったに使われない思考の自由の代償として、人々は言論の自由を要求する。

People demand freedom of speech as a compensation for the freedom of thought which they seldom use.

キルケゴールの名言

私にとって真理であるような真理を発見することが必要なのだ。しかもその真理は、私がそのために生き、そのために死ねるような真理である。

The thing is to find a truth which is true for me, to find the idea for which I can live and die.

キルケゴールの名言

哲学は踏み出す一歩一歩ごとに皮を一枚ずつ脱ぎ捨てるのだが、愚かな弟子どもは、その皮の中へもぐり込んでゆく。

キルケゴールの名言

結婚したまえ、君は後悔するだろう。結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。

キルケゴールの名言

人を誘惑することのできないような者は、人を救うこともできない。

キルケゴールの名言

女というのは泣かせてやらなければならない。泣きぬくと、泣くべきものがなくなって、あとはすぐに忘れてしまうものなのだ。

キルケゴールの名言

あらゆる人生は反復である。追憶は後方へ向かって反復されるが、本当の反復は前方に向かって反復される。

キルケゴールの名言

臆病の虫に取り付かれると、その人はよきことを行わなくなる。

キルケゴールの名言

苦難の道は永くもあれば、また暗くもある。次第に明るくなるような道は別の道である。

キルケゴールの名言

忘れるということができない者は、分別のある者にならない。

キルケゴールの名言

皮肉には主観性の資質がある。

Irony is a qualification of subjectivity.

キルケゴールの名言

女は、自分の前を通った婦人の眼が自分を注目したか、否かを直感的に悟る術を心得ている。女が身を飾るのは、ほかの女たちを意識しているからである。

キルケゴールの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒