マルコムXの名言


マルコムXの名言

Malcolm X
マルコムX

アメリカの黒人公民権運動家。

国: 米国(ネブラスカ州オマハ)
生: 1925年5月19日
没: 1965年2月21日(享年39歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1925年5月19日、アメリカ中西部のネブラスカ州オマハに生まれる。バプテストの牧師だった父は、白人に媚びて仕事を分けてもらうことを良しとせず、家庭菜園を作り自給自足に近い生活を送った。

そのため一家は白人至上主義団体(KKK)の標的にされ、マルコムが6歳のときに、父は人種差別主義者によって殺害された。その後、母は精神を病み、9人の子供たちはそれぞれ別の家の里子に出された。

マルコムは白人の上流階級の家に引き取られたが「高価あるいは珍しい動物としてしか扱われなかった」と語っている。

中学卒業後、ボストンへ移り、ナイトクラブで靴磨きの仕事に就く。その後、ニューヨークのハーレムでギャンブル、麻薬取引、売春、ゆすり、強盗に手を染める。第二次世界大戦中は徴兵を回避するために精神異常を装った。

20歳のときに強盗の罪で逮捕。獄中でブラック・ムスリム運動に出会い、その教えを勤勉に研究する。

27歳のときに釈放。出所後、ネーション・オブ・イスラム教団(NOI:黒人の経済的自立を目指す社会運動および白人社会への同化を拒否し、黒人の民族的優越を説く宗教運動)のスポークスマンとなり、一躍名を知られるようになる。

マルコムはNOIから”X”という姓を授かり、マルコムXを名乗ることになる。

しかし、1962年、教団指導者が少女を強姦し子を産ませていたことが判明。マルコムはNOIに失望し、告発。1963年、教団はマルコムXを暗殺しようとしたが失敗。

1964年3月、38歳のマルコムXはキング牧師と最初で最後の対面をしている。これは偶然の出会いであり、挨拶のみでわずか1分ほどであった。

その後、マルコムXは伝統的イスラム教に回帰、アフリカ系アメリカ人統一機構を組織するが、NOIとの緊張が高まる。1965年2月21日、教団の暗殺指令を受けた信者により銃殺された。39歳であった。

マルコムは、一時キング牧師を「弱腰」と批判していたが、晩年の2人の主張や姿勢は逆転していたとされている。

ボクサーのモハメド・アリは、マルコムXの思想に啓蒙され、イスラム教に改宗。ベトナム戦争の徴兵令も拒否した。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

マルコムX 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

アメリカン・ドリームなんて見たことがない。私にはアメリカの悪夢だ。

I don’t see any American dream; I see an American nightmare.

投票(ballot)は弾丸(bullet)に似ている。あなたはターゲットを見る前には投票しないだろう。そして、そのターゲットはあなたの届かないところにいて、投票券をあなたのポケットのなかに入れさせておく。

A ballot is like a bullet. You don’t throw your ballots until you see a target, and if that target is not within your reach, keep your ballot in your pocket.

今こそ我々は、我々の違いに目をつむるときである。そして第一に、我々は同じ、共通の問題を持っていると着目することが、我々にとって最良であると認識するときなのだ。

It’s time for us to submerge our differences and realize that it is best for us to first see that we have the same problem, a common problem.

この国では、黒人への弾圧、搾取、汚職が職務だ。この政府は、ニグロを見捨てた。

The government is responsible for the oppression and exploitation and degradation of Black people in this country. This government has failed the Negro.

我々は、公民権の闘争を、より高レベルとなる人権の闘争へと発展させる必要がある。

We need to expand the civil-rights struggle to a higher level – to the level of human rights.

今こそあなたと私は、より政治的に敏感になり、何のための投票なのか、 票を投ずる時に何を得ることを支持するのか、はっきりと理解するときだ。そして、もし我々が投票しないのならば、弾丸が撃たれなければならないような事態に陥るだろう。投票か弾丸かどちらかだ。

It’s time now for you and me to become more politically mature and realize what the ballot is for; what we’re supposed to get when we cast a ballot; and that if we don’t cast a ballot, it’s going to end up in a situation where we’re going to have to cast a bullet. It’s either a ballot or a bullet.

今日のアメリカのシーンで黒人は、これ以上、もう片方の頬を差し出すようなことはしない。

The type of Black man on the scene in America today doesn’t intend to turn the other cheek any longer.

私はアメリカ人ではない。私は、アメリカニズムの犠牲者となった2,200万人の黒人の中のひとりなのだ。民主主義の犠牲者である2,200万人の黒人の中のひとりなのだ。

I’m not an American. I’m one of the 22 million Black people who are the victims of Americanism. One of the 22 million Black people who are the victims of democracy.

いかなる時もあなたは法律の中に、あなたの法的権利の中に、あなたの道徳的権利の中にいて、正義に従い、そして信じるところのために死ぬ。しかし、一人では死なないで欲しい。死のお返しをさせてくれ。これが平等の意味するところだ。

Any time you know you’re within the law, within your legal rights, within your moral rights, in accord with justice, then die for what you believe in. But don’t die alone. Let your dying be reciprocal. This is what is meant by equality.

あなた方と私、2,200万人のアフリカ系アメリカ人は - それが他でもない我々そのものだ - アメリカにいるアフリカ人なのだ。あなた方は他でもない、アフリカ人だ。アフリカ人なのだ。

You and I, 22 million African-Americans – that’s what we are – Africans who are in America. You’re nothing but Africans. Nothing but Africans.

白人に知らせよう、もしここが自由の国ならば、自由の国のようにせよと。自由の国でないなら、変えようではないかと。

You let that white man know, if this is a country of freedom, let it be a country of freedom; and if it’s not a country of freedom, change it.

真実は、虐げられる側にある。

Truth is on the side of the oppressed.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒