美輪明宏の名言


美輪明宏 の名言

Akihiro Miwa
美輪明宏

日本のシンガーソングライター、俳優、演出家。

国: 日本
生: 1935年5月15日

美輪明宏 おすすめ書籍

【その略歴】 名言集へ行く

1935年(昭和10年)5月15日、長崎県長崎市に生まれる。父は長崎市内の「丸山遊郭」と呼ばれた遊郭街で、カフェを経営していた。1941年12月、アメリカとの戦争体制に入ると、「敵性文化を商売にする事は時局にそぐわぬ」といわれ、カフェを閉店して金融業に転業。

第二次世界大戦末期の1945年8月9日、長崎市へ原子爆弾が投下される。10歳だった美輪は爆心地から約4キロの自宅におり無事だったが、6日後の終戦の日に爆心地近くにあった母の実家へ祖父母を探しに行き、惨状を目の当たりにした。

終戦後、鑑賞した映画に出演していた加賀美一郎のボーイソプラノに衝撃を受け、声楽とピアノのレッスンを受け始める。オペラ歌手やコンサート歌手を夢見て、15歳の春に国立音楽高等学校に進学するために上京。しかし、家業の倒産をきっかけに学校を中退。進駐軍のキャンプ廻りをしながらジャズを歌うようになる。

17歳の美輪は、銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』の美少年募集の張り紙をきっかけに、銀巴里との専属契約を交わし、歌手デビュー。三島由紀夫、野坂昭如、大江健三郎、遠藤周作など、多くの文化人の支持を得た。

1957年、 シャンソン『メケ・メケ』を日本語でカバー。艶麗な容貌でシャンソンを歌い上げ、一躍人気を博す。しかし、自身が同性愛者である事を公表したことや、旧来のシャンソンのイメージに無い、自ら和訳した生々しい内容のシャンソンを歌唱したことに対する反発もあり、人気は急落する。

逆風の中で作詞・作曲活動を開始するも、聴衆からも歌謡界からも理解を得られずレコード化すらできなかった。不遇の時代が続くと共に吐血など原爆症に悩まされる。

1963年に自らの作品によるリサイタルを開催。1965年にレコード化された『ヨイトマケの唄』により人気が再燃。

1971年、読経中に『美輪』の字が浮かび、神が与えてくれた名前だと思い、姓名判断を調べると、完全無欠な画数だったため、丸山明宏から美輪明宏に改名した。

その後も歌手、俳優、人生相談など、幅広い分野で活躍している。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

美輪明宏 名言集


 
 
(P. 2 3 4 5 6

Page: 1

他人と自分を比べて優越感や劣等感を持つのはくだらない他人志向。大切なのは自己志向。自分が満足して自分が納得すればいい。

いつも素敵な音楽を聴いて、素敵な本を読んで、素敵な人と出会って、常にいいものに触れていると、その人が歩いているだけで自然にものすごいオーラが放たれているものです。

完全な男を求めるのは、身の程知らず。自分に欠点があるように、相手にも欠点がある。傷つくことを恐れず、当たって砕けろ。

「何かしてあげる」と自分勝手な愛情を押し付けるのは自分がかわいいだけ。本当の愛は見返りを求めない無償の愛。

人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。

清き川に清き水は流れる。心が美しい人と付き合いたければ、まず自分の心を磨くこと。

男はロマンティストで神経が繊細。女は現実的で神経が図太い。だから神様は、男に腕力を与えたのです。

辛い思いはすべてプラスになる。苦しかったこと、悲しかったことが、いつか必ず花開く時が来る。辛いこと、悲しいことは幸せになるための必要事項。花開き、実を結ぶときに辞めてしまってはいけない。

悩んで落ち込んだとき、必要なのは理性。いらないのは感情。原因をクールに分析して、解決方法を見つける習慣を。

せめて自分ぐらい自分を褒めて認めてあげないと自分が救われない。自分の味方になれるのは自分だけ。

遊びや文化は人生に欠かせない必要ムダ。芸術に親しむゆとりをもてば、心が解き放たれて楽になる。

どんなトラブルが起きても微動だにしない。そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。弱音を吐かず覚悟を決めて。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒