泣ける言葉

Page: 2

涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。

ドロシー・ディックス(米国のジャーナリスト / 1861~1951)

愛から逃げてはいけないのだ。必要なだけ時間をかけて、支えを求めるようにしよう。近いうちに苦痛は消え、愛の力がもう一度みなぎるのを感じとれるようになる。

ジョン・グレイ(米国の心理学博士、作家 / 1951~)

愛することを教えてくれたあなた。今度は忘れることを教えてください。

アイリス・マードック(アイルランドの女性作家、哲学者、詩人 / 1919~1999)

ひとつひとつの悲しみには意味がある。時には、思いもよらない意味がある。どんな悲しみであろうと、それは、このうえなく大切なもの。太陽がいつも朝を連れてくるように、それは確かなことなのですよ。

エラ・ウィーラー・ウィルコックス(米国の女性作家、詩人 / 1850~1919)

強がりなんかいうことないよ やせがまんなどすることないよ だれにえんりょがいるもんか 声をかぎりに泣くがいい ただひたすらに泣けばいい

相田みつを(日本の詩人、書家 / 1924~1991)

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広いときもある。狭いときもある。のぼりもあれば、くだりもある。坦々としたときもあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。なぐさめを求めたくなるときもあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。あきらめろと言うのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、とにかくこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。他人の道に心を奪われ、思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989)

信念のためには、たとえ敗れると分かっていても、おのれを貫くそういう精神の高貴さがなくて、何が人間ぞと僕は言いたいんだ。

岡本太郎(日本の芸術家 / 1911~1996)

 

– END –

 

★ その他の人生テーマ

人生を変える ・人生の意味 ・人生が辛い ・人生を楽しむ ・人生とお金 ・人生と運命 ・ ・ ・好きな言葉 ・人生ことわざ

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語名言 ・かっこいい英語名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)




 

「HOMEへ」