ニーチェの名言


Page: 2

愛の終わりはいつも善悪を越えたところで起こる。

That which is done out of love always takes place beyond good and evil.

成熟とは、子供のとき遊戯の際に示したあの真剣味をふたたび見出したことである。

Maturity consists in having rediscovered the seriousness one had as a child at play.

自分について多くを語ることは、自分を隠す一つの手段となり得る。

Talking much about oneself can also be a means to conceal oneself.

私を破壊するに至らないすべてのことが、私をさらに強くする。

What does not destroy me, makes me stronger.

信念は、真実にとって嘘よりも危険な敵である。

Convictions are more dangerous enemies of truth than lies.

脱皮できない蛇は滅びる。その意見を取り替えていくことを妨げられた精神たちも同様だ。それは精神ではなくなる。

The snake which cannot cast its skin has to die. As well the minds which are prevented from changing their opinions; they cease to be mind.

我々一人ひとりの気が狂うことは稀である。しかし、集団・政党・国家・時代においては、日常茶飯事なのだ。

Insanity in individuals is something rare ? but in groups, parties, nations, and epochs it is the rule.

人間は恋をしている時には、他のいかなる時よりも、じっとよく耐える。つまり、すべてのことを甘受するのである。

When a man is in love he endures more than at other times; he submits to everything.

到達された自由のしるしは何か? – もはや自分自身に対して恥じないこと。

What is the seal of liberation? Not to be ashamed in front of oneself.

死後に生まれる人もいる。

Some men are born posthumously.

本当の世界は想像よりもはるかに小さい。

The real world is much smaller than the imaginary.

怪物と闘う者は、自らも怪物にならぬよう、気をつけるべきだろう。深淵をのぞきこむ者は、深淵からものぞきこまれているのだ。

He who fights with monsters might take care lest he thereby become a monster. And if you gaze for long into an abyss, the abyss gazes also into you.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒