ニーチェの名言


Page: 4

人は自分の認識を他人に伝えると、もはやその認識を前ほどには愛さなくなる。

孤独な者よ、君は創造者の道を行く。

忘却はよりよき前進を生む。

Blessed are the forgetful: for they get the better even of their blunders.

一切の書かれたもののうち、私はただ、その人がその血をもって書かれたもののみを愛する。血をもって書け。君は、血が精神であることを知るだろう。

Of all that is written, I love only what a person hath written with his blood. Write with blood, and thou wilt find that blood is spirit.

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ。

世論と共に考えるような人は、自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである。

心の中に未来にふさわしいビジョンを描け。そして、自分を過去の末裔であるという迷信を忘れるんだ。あの未来の生を思い巡らせば、工夫し、発明すべきものが限りなくある。

友への同情は、堅い殻の下にひそんでいるのがいい。

どちらも相手を通して、自分個人の目標を何か達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。例えば妻が夫によって有名になろうとし、夫が妻を通して愛されようとするような場合である。

友たるものは、推察と沈黙に熟達した者でなければならない。

大きな苦痛こそ精神の最後の解放者である。この苦痛のみが、われわれを最後の深みに至らせる。

繊細な魂は、誰かが自分に感謝する義務があると知ると塞ぎ込む。粗野な魂は、自分が誰かに感謝する義務があると知ると塞ぎ込む。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒