野村克也の名言


野村克也の名言

Katsuya Nomura
野村克也

元プロ野球選手、監督、野球解説者、野球評論家。通算試合出場数は歴代1位、通算の安打、本塁打、打点、塁打数は歴代2位の記録を持つ。1980年、前人未到の3,000試合出場を達成し、同年45歳にて引退する。

国: 日本(京都府竹野郡網野町/現在の京丹後市)
生: 1935年6月29日

野村克也 おすすめ書籍

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

野村克也 名言集


 
 
(P. 2 3

Page: 1

「どうするか」を考えない人に、「どうなるか」は見えない。

重荷があるからこそ、人は努力するのである。重荷があるからこそ、大地にしっかりと足をつけて歩いていける。

楽を求めたら、苦しみしか待っていない。

優勝というのは強いか、弱いかで決まるんじゃない。優勝するにふさわしいかどうかで決まる。

人を判断するときは決して結論を急がないこと。

部下を「信じる」というのは、リーダーの重要な資質。

「もうダメ」ではなく、「まだダメ」なのだ。

貴い知識・本質はいつの世でも、本来、単純明快である。

好かれなくても良いから、信頼はされなければならない。嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップは取れない。

うまくいっているときは、周りに人がたくさん集まる。だが、一番大切なのは、どん底のとき、誰がそばにいてくれたかや。

「恥ずかしい」と感じることから進歩は始まる。

ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒