オスカー・ワイルドの名言


オスカー・ワイルドの名言

Oscar Wilde
オスカー・ワイルド

アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。オスカー・ワイルドの文業と生きざまは、世界中に影響を及ぼし、日本でも森鴎外、夏目漱石芥川龍之介、谷崎潤一郎らがワイルドを意識したといわれる。

国: アイルランド(ダブリン)
生: 1854年10月16日
没: 1900年11月30日(享年46歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1854年10月16日、アイルランドのダブリンに生まれる。父は医師、母は詩人でサロンの主でもあった。幼少期は女子を欲していた母によって女子の格好をさせられていた。

10歳で北アイルランドのポートラ王立学校に入学。1871年に古典語の最高賞を受けて卒業し、奨学金を得てダブリン大学トリニティ・カレッジへ進んだ。その後、20歳でオックスフォード大学に進学。ジョン・ラスキンの講義を聴き、評論家ウォルター・ペイターのサロンの常連となった。1878年、長詩『ラヴェンナ』を刊行し、オックスフォード大学を首席で卒業する。

1879年、ロンドンに出て、画家のフランク・マイルズと同居。二人は恋人だったのではといわれている。また、女優サラ・ベルナール、男優ヘンリー・アーヴィングらともつきあった。

1881年暮にアメリカへ出航し、翌年暮まで各地で講演。ロングフェロー、オリヴァー・ホームズ、ホイットマンとも知り合った。1884年、女王付弁護士の娘コンスタンス・ロイドと結婚し、のちに2男をもうけた。

1886年(32歳)、15歳年下の少年、ロバート・ロスと親しくなる。1887年から1890年まで雑誌『婦人世界』の編集者となり、派手な言動で社交界の人気者となる。1891年、16歳年下の文筆家、アルフレッド・ダグラス卿と親しくなる。出版活動も活発で、この年『サロメ』を執筆。

1895年(41歳)、息子を気遣う第9代クイーンズベリー侯爵ジョン・ダグラスと告訴を応酬して敗れ、卑猥行為をとがめられて投獄、さらに破産を宣告された。服役後、ダグラスとフランスとイタリアの各地を転々としたが、世間からは既に見捨てられてしまっていた。

1900年(46歳)、梅毒による脳髄膜炎で亡くなる。葬儀はロスやダグラスのほか数人だけの、淋しい葬儀であった。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全173人)
 

オスカー・ワイルド 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4 5

Page: 1

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである。

There are only two kinds of people who are really fascinating – people who know absolutely everything, and people who know absolutely nothing.

人は自分の最も悪い習慣でさえ失うことを残念がる。おそらく、最も残念がるだろう。なぜなら、それこそがその人の人格の本質的な部分であるからだ。

One regrets the loss even of one’s worst habits. Perhaps one regrets them the most. They are such an essential part of one’s personality.

経験とは、誰もが自分の過ちにつける名前のことだ。

Experience is the name everyone gives to their mistakes.

誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。しかし友人の成功に共感を寄せるには優れた資質が必要だ。

Anybody can sympathise with the sufferings of a friend, but it requires a very fine nature to sympathise with a friend’s success.

大衆とはすばらしく寛容だ。天才以外のすべてを許す。

The public is wonderfully tolerant. It forgives everything except genius.

楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴をみる。

The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole.

一貫性というのは、想像力を欠いた人間の最後のよりどころである。

Consistency is the last refuge of the unimaginative.

ほとんどの人々は他の人々である。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用である。

Most people are other people. Their thoughts are someone else’s opinions, their lives a mimicry, their passions a quotation.

人が恋をする時、それはまず、自己を欺くことによって始まり、また、他人を欺くことによって終わる。

When one is in love, one always begins by deceiving one’s self, and one always ends by deceiving others. That is what the world calls a romance.

男女の間では友情は不可能だ。情熱と敵意と崇拝と愛はあるが、友情はない。

Between men and women there is no friendship possible. There is passion, enmity, worship, love, but no friendship.

人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑だ。人生はシンプルで、シンプルなことが正しいことなんだ。

Life is not complex. We are complex. Life is simple, and the simple thing is the right thing.

生きるとは、この世でいちばん稀なことだ。たいていの人は、ただ存在しているだけである。

To live is the rarest thing in the world. Most people exist, that is all.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒