西郷隆盛の名言


西郷隆盛の名言

Takamori Saigō
西郷隆盛

日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。大久保利通、木戸孝允とともに「維新の三傑」と称される。

国: 日本・薩摩藩(現在の鹿児島市加治屋町)
生: 1828年1月23日
没: 1877年9月24日(享年49歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1828年1月23日(文政10年12月7日)、薩摩国鹿児島城下加治屋町(現:鹿児島市加治屋町)に下級藩士の長男として生まれる。

11歳のときに友人の喧嘩の仲裁に入り、右腕の神経を刀で切られる。一命は取りとめたが刀を握れなくなり、学問で身を立てることを志す。

1851年、島津斉彬(1809~1858)が薩摩藩主になる。西郷は1854年に斉彬の御庭方役となり、当代一の開明派大名であった斉彬から直接教えを受ける。

1853年7月、アメリカ海軍の軍人ペリー(1794~1858)が率いる4隻の艦隊(黒船)が浦賀に入港し、開国の要求。外国人を実力行使で排斥しようという攘夷問題が起き始める。

1856年、第13代将軍・徳川家定と斉彬の養女・篤姫が結婚。斉彬の考えは、篤姫を通じて一橋家の徳川慶喜を第14代将軍にし、幕府を中心とした中央集権体制を作り、開国して富国強兵をはかり、露英仏などに対処しようとするもので、日中韓同盟をも視野にいれた壮大な計画であった。西郷はその手足となって活動する。

1858年、島津斉彬が急逝。斉彬の弟、島津久光の子・忠義が家督相続し、島津久光が後見人となる。西郷は京都で斉彬の訃報を聞き、殉死しようとするも尊皇攘夷派の僧侶・月照らに説得されて、斉彬の遺志を継ぐことを決意。

1859年、幕府の目から隠すため西郷を奄美大島に潜居させる。西郷は島妻を娶り、1860年(32歳)には長男・菊次郎が誕生した。

1862年、西郷は復帰。しかし、事実上の最高権力者の島津久光と折り合わず、沖永良部島へ流罪に遭う。しかし、家老・小松帯刀や大久保利通の後押しで1864年に西郷は復帰。

1866年、坂本龍馬の斡旋により、長州藩士、桂小五郎(木戸孝允)と薩長提携六ヶ条の密約を交わす(薩長同盟)。

1867年、徳川慶喜は大政奉還を建白。しかし、1868年に鳥羽・伏見にて旧幕府軍と薩摩藩との間で戦端が開かれ、戊辰戦争へと拡大。

西郷は東海道先鋒軍の司令官に任じられると、東海道の要衝・箱根を占領。その後、江戸に入り、江戸城総攻撃の直前に勝海舟と会談、徳川処分案を預かると総攻撃中止を命令し、無血開城が行なわれる。

その後、薩摩へ帰郷したが、1871年(明治4年)に参議として新政府に復職。陸軍大将などを兼務。朝鮮との国交回復問題では朝鮮開国を勧める遣韓使節として自らが朝鮮に赴くことを提案し、大久保利通らと対立。再び鹿児島に戻り、私学校での教育に専念する。

1877年(明治10年)に私学校生徒の暴動から起こった西南戦争の指導者となるが、敗れて城山で自刃(1877年9月24日)。享年49歳。

西郷は死後、官位をとりあげられ、賊軍の将として遇された。しかし、西郷の人柄を愛した明治天皇の意向などもあり、1889年(明治22年)2月11日、大日本帝国憲法発布に伴う大赦で赦され、正三位を追贈される。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全183人)
 

西郷隆盛 名言集


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

命もいらぬ、名もいらぬ、官位も金もいらぬというような人物は処理に困るものである。このような手に負えない人物でなければ、困難を共にして、国家の大業を成し遂げることはできない。

過ちを改めるには、自分が間違いを犯したと自覚すれば、それでよい。そのことをさっぱり思いすてて、ただちに一歩を踏み出すことが大事である。

過ちを犯したことを悔やんで、あれこれと取りつくろおうと心配するのは、たとえば茶碗を割って、そのかけらを集めて合わせてみるようなもので、何の役にも立たぬことである。

自分を愛する(甘やかす)ことは、最もよくないことである。修業ができないのも、ことが成就できないのも、過ちを改めることができないのも、自分の功績を誇って驕り高ぶるのも、みな自分を愛することから生ずることであり、決して自分を甘やかす心を持ってはならない。

政治で特に大切なことは、教育文化を盛んにし、軍備を充実させ、農業を奨励するという三つである。

文明というのは、道理にかなったことが広く行われることを褒め称えていう言葉であって、宮殿が荘厳であるとか、衣服がきらびやかだとかといった、外観の華やかさをいうものではない。

国が辱めを受けるようなことがあったら、たとえ国が倒れようとも、正道を踏んで道義を尽くすのが政府本来の仕事である。

戦の一字を恐れ、政府本来の使命を果たさないのなら、商法支配所といった商いの元締めというようなもので、もはや政府ではなくなってしまうだろう。

人を言いくるめて、陰でこそこそ事を企てる者は、たとえそれがうまくいったとしても、物事を見抜く力のある者から見れば、醜いことこの上もない。

人に提言するときは、公平かつ誠実でなければならない。公平でなければ、すぐれた人の心をつかむことはできないものだ。

今の人は、才能や知識があれば、事業というのは思いのままにできると思っているが、才能にまかせて行うことは、危なっかしくて見ておられない。

しっかりした内容があってこそ物事は立派に行われるものだ。

物事に取り組む際、自分の思慮の浅さを心配することはない。

およそ思慮というものは、黙って座り、静かに思いをめぐらしているときにすべきことである。そのようにすれば、有事のときには、十のうち八、九は実行されるものだ。

どんなに制度や方法を論議しても、その適任者がいなければうまく行われない。その人あって初めてその方法が行われるのだから、人こそが第一の宝であって、自らがそういう立派な人物になろうとする心がけが大事なのだ。

策略は日常的にすることではない。はかりごとをめぐらしてやったことは、あとから見ると善くないことがはっきりしていて、必ず後悔するものである。

人の意表をつくようなことをして、一時的にいい気分に浸るのは、未熟者のすることで、戒めなければならないことだ。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒