斎藤茂太の名言


Page: 3

物事に敏感で自分なりの価値判断を持っていることを「細心」といいます。気が小さいことは人生の武器なのです。

夢中で生きることを、「生きる目的」にする。

「あのとき、ああしていれば」という思いに振り回されることほど、時間とエネルギーを無駄にし、自分を傷つけるものはないと思いますよ。

「自分のない人」ほど、自分を主張する。

言葉はかけ算に似ている。かけ算ではどんな数も最後にマイナスをかけたら、答えはマイナスになる。

人は「けなげな人」に、手を差しのべる。

美しい人生を見たいのなら、心の窓をきれいに磨くことだ。

物を粗末にする人は、人も粗末にする。

世間からよく思われることよりも、自分が心からやりたいことを見つけ出すこと。そして、自分らしく生きていくことのほうがずっと大切であるということ。

焦らない。でも、あきらめない。

苦労から抜け出したいなら、肩の力を抜くことを覚えなさい。

「今はできない」を、「絶対できない」と間違えないように。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒