セネカの名言


セネカの名言

Seneca the Younger
ルキウス・アンナエウス・セネカ

政治家、哲学者、詩人。第5代ローマ皇帝ネロの幼少期の家庭教師。多くの悲劇、著作を記し、ラテン文学を代表する人物。

国: ローマ帝国
生: 紀元前1年頃
没: 紀元後65年4月(享年66歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全176人)
 

セネカ 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4 5

Page: 1

人生は短いのではない。我々がそれを短くしているのだ。

どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない。

If one does not know to which port one is sailing, no wind is favorable.

もし君が人に愛されようと思うなら、まず君が人を愛さなければならない。

難しいからやろうとしないのではない。やろうとしないから、難しくなるのだ。

It is not because things are difficult that we do not dare; it is because we do not dare that they are difficult.

どんなに豊かな土壌でも、耕さなければ実りをもたらさない。人の心も同じである。

中傷を受けない賢人よりも、中傷を受けても動じない賢人のほうが格が上だ。

言論が堕落したところでは精神も堕落している。

Where the speech is corrupted, the mind is also.

頑固者は、打ち砕くことはできるが、服従させることはできない。

どちらがその人物についての正しい判断であるかは、目でなく心で見分ける。

I do not distinguish by the eye, but by the mind, which is the proper judge of the man.

最もよく踏みならされ、また最も人通りの多い道ほど、どれもみな多くの人を迷わせるものである。

生きることの最大の障害は、期待を持つということである。それは明日に依存して、今日を失うことである。

大切なことは、何に耐えたかということではなく、いかに耐えたかということである。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

「次ページへ」