瀬戸内寂聴の名言


瀬戸内寂聴の名言

Jakucho Setouchi
瀬戸内寂聴

日本の小説家、天台宗の尼僧。代表作は『花芯』『夏の終り』『花に問え』『場所』など。

国: 日本
生: 1922年5月15日

瀬戸内寂聴 おすすめ書籍

【その略歴】 名言集へ行く

1922年(大正11年)5月15日、徳島県徳島市塀裏町(現・中州町)の仏壇店を営む一家の次女として生まれる。体が弱く、本を読むのが好きな子供だった。

1940年(18歳)、東京女子大学国語専攻部に入学。大学在学中の1943年にお見合い結婚をし、翌年に女の子を出産する。その後、夫の教え子と恋に落ち、夫と3歳の長女を残し家を出て京都で生活。

1950年(28歳)に協議離婚。三谷晴美のペンネームで少女小説を投稿し『少女世界』誌に掲載される。その後、東京へ行き童話や少女小説で生計を立てる。

1957年(35歳)に『花芯』を発表するも、ポルノ小説であるとの批判にさらされ、批評家より「子宮作家」とレッテルを貼られる。

1963年には不倫の恋愛体験を描いた『夏の終り』で女流文学賞を受賞し、作家としての地位を確立する。

1973年(51歳)に出家。尼僧としての活動も熱心で、週末には青空説法を行っていた。講演では「笑うこと」が大切であると説き、座右の銘は「生きることは愛すること」。長女とは出家後に和解したという。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

瀬戸内寂聴 名言集


 
 
(P. 2 3 4 5 6

Page: 1

人生はいいことも悪いことも連れ立ってやってきます。不幸が続けば不安になり、気が弱くなるのです。でも、そこで運命に負けず勇気を出して、不運や不幸に立ち向かってほしいのです。

もし、人より素晴らしい世界を見よう、そこにある宝にめぐり逢おうとするなら、どうしたって危険な道、恐い道を歩かねばなりません。そういう道を求めて歩くのが、才能に賭ける人の心構えなのです。

男女の間では、憎しみは愛の裏返しです。嫉妬もまた愛のバロメーターです。

恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。

人間は万能の神でも仏でもないのですから、人を完全に理解することもできないし、良かれと思ったことで人を傷つけることもあります。そういう繰り返しの中で、人は何かに許されて生きているのです。

人とつきあうのに秘訣があるとすれば、それはまずこちらが相手を好きになってしまうことではないでしょうか。

私たちの生きているこの世で起きることにはすべて原因がある、これが「因」です。起こった結果が「果」です。因果応報というように、必ず結果は来るのです。

いろんな経験をしてきたからこそ、あなたの今があるのです。すべてに感謝しましょう。

とにかく人のことが気になって気になってしょうがない、これが物事にとらわれている心です。そういう心を無くさない限り、心は安らかになりません。

自由に生きるとは、心のこだわりをなくすことです。自分の心を見つめて、ひとつでもふたつでも、そこに凝り固まっているこだわりをほぐしていくことが大切です。

この世は変化するものだと思っていれば、どんな事態に直面しても度胸が据わります。孤独の問題も同じです。お釈迦様は人間は一人で生まれてきて、一人で死んでいくとおっしゃいました。最初から人間は孤独だと思っていれば、たとえひとちぼっちになったとしても、うろたえることはありません。

どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒