シェイクスピアの名言


Page: 8

たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せる。

とじこめられている火が、いちばん強く燃えるものだ。

ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。

まったく想像力でいっぱいなのだ。狂人と、詩人と、恋をしている者は。

悪口を言われて我が身を正すことの出来る人間は幸せと言うべきだ。

運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。

音楽が何のために存在するかさえご存知ないらしい。勉強や日々の仕事が終わった後、疲れた人の心を慰め元気づけるために音楽はあるのではないか?

快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれたやさしい、なつかしい看護婦である。

輝くもの、必ずしも金ならず。

険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。

今は、男らしさも腰をかがめて礼儀正しさに成り下がり、勇気も相手を誉める言葉を争うだけ。男という男は舌の先だけになってしまった、気の利いたことを言う舌に。

今望んでいるものを手にして、何の得があろうか。それは夢、瞬間の出来事、泡のように消えてしまう束の間の喜びでしかない。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒