渋沢栄一の名言


渋沢栄一の名言

Eiichi Shibusawa
渋沢栄一

武士(幕臣)、官僚、実業家。多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父と称される。ピーター・ドラッカーは「率直にいって私は、経営の『社会的責任』について論じた歴史的人物の中で、かの偉大な明治を築いた偉大な人物の一人である渋沢栄一の右に出るものを知らない。彼は世界のだれよりも早く、経営の本質は『責任』にほかならないということを見抜いていたのである」と述べている。

国: 日本
生: 1840年3月16日
没: 1931年11月11日(享年91歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

渋沢栄一 名言集


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。

全て形式に流れると精神が乏しくなる。何でも日々新たにという心がけが大事である。

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。

たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。

金儲けを品の悪いことのように考えるのは、根本的に間違っている。しかし儲けることに熱中しすぎると、品が悪くなるのもたしかである。金儲けにも品位を忘れぬようにしたい。

死ぬときに残す教訓が大事なのではなく、生きている時の行動が大事なのだ。

信用はのれんや見た目から得られるものではなく、確固たる信念から生まれる。

真似をするときには、その形ではなく、その心を真似するのがよい。

数字算出の確固たる見通しと、裏づけのない事業は必ず失敗する。

反対者には反対者の論理がある。それを聞かないうちに、いきなりけしからん奴だと怒ってもはじまらない。問題の本質的な解決には結びつかない。

世の人が元気をなくしており、社会の発展が停滞している。いままでの仕事を守って間違いなくするよりも、さらに大きな計画をして発展させ、世界と競争するのがよいのだ。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒