失恋から立ち直る


Page: 2

恋はその始まりがいつも美しすぎる。結末が決して良くないのも無理からぬことだ。

ドーマ(詳細不明)

愛する勇気がある者には、かならず苦しむ勇気がある。

アントニー・トロロープ(英国の作家 / 1815~1882)

この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる。

山本周五郎(日本の小説家 / 1903~1967)

恋が強烈でないのは恋の自然に反しており、恋が変わりなく続くのは、強烈であるべき恋の自然に反している。

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592)

恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。

テニスン(英国の詩人 / 1809~1892)

人生にはいろいろなことがあります。しかし、悲しいことは忘れ、辛いことはじっと耐え忍んでいきましょう。それがこの四苦八苦の世を生きる唯一の方法ではないかと思います。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

何もかもが変わっていく瞬間があります。今まで嘆いていたことが突然どうでもいいことに思えてくるのです。

In a moment everything is altered. The brooding self disappears and, when thinking of the same matter, it now seems less important.

アイリス・マードック(アイルランドの女性作家、哲学者、詩人 / 1919~1999)

別れの辛さに馴れることは決してありません。幾度繰り返しても、別れは辛く苦しいものです。それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~)

夜になって星が輝き始めるのは、悲しみが我々に真実を示してくれるのに似ている。

ベイリー(英国の推理小説家 / 1878~1961)

失望に終わった恋は、次の恋に対するちょっとした免疫になる。

ウルスラ・アンドレス(スイス出身の映画女優、初代ボンドガール / 1936~)

愛の原則においては、早々と失望することが、通常、回復薬として描かれる。

セルバンテス(スペインの小説家『ドン・キホーテ』著者 / 1547~1616)

大丈夫、大丈夫、いつかはここを抜ける日がやってくる。

よしもとばなな(日本の女性作家 / 1964~)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒