手塚治虫の名言


Page: 3

物語はここから始まるのだ。

好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。

後世に残る作品をなどと気張らず、百歳まで描きたい。

人の命なんて、心配してもしなくても、終わる時には無情に終わるもの。

人間の「善」が、常に「悪」よりも先んじてほしいものです。

今ここで自分が描かなければ誰が描くんだろう。

仕事に強い信念と情熱を長く持ち続けられる女性。しかも世の中すべてに、やさしい愛を注げる心の広い女性…。それをぼくは望みます。

人間は、生きている間に、なぜもっと素晴らしい人生を送らないのかなぁ。素晴らしい満足しきった人生を送れば、死ぬ時にそんなに苦しまなくたっていいんだろうなぁ。

人の後をついていたら安全というのは、この世界じゃ通りません。

40年間負けん気でもってたみたいなもんです。逆に言うと、劣等感や怯えがあったから、続いたともいえるんですね。

名声も財産もできてあぐらをかいてしまうと、逆に面白くなくなるわけです。

仮病は、この世でいちばん重い病気だよ。

ぼくたちは、かけがえのない地球に「同乗」している、仲間です。

 

– END –

 

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全183人)






 

手塚治虫 おすすめ書籍


『ぼくのマンガ人生』(手塚治虫)
ぼくのマンガは大阪大空襲と八月一五日が原点だ。子供時代、父母、先生、友人との触れあい、作品にこめた熱いメッセージを語る。マンガを読み聞かせてくれた母、作文する楽しさを教えてくれた先生、絶体絶命の苦境で助けてくれた友。彼の創作を支えたものは何か。不滅のマンガ家が遺した講演記録を編集、ハートフルな肉声がいま甦る。
Amazon


『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』(吉本浩二、宮崎克)
漫画史にきらめく不朽の名作「ブラック・ジャック」!!“漫画の神様”手塚治虫先生の創作の現場を関係者の証言で再現するマンガ・ノンフィクション!!
Amazon


『ガラスの地球を救え―二十一世紀の君たちへ』(手塚治虫)
「なんとしてでも、地球を死の惑星にはしたくない。未来に向かって、地球上のすべての生物との共存をめざし、むしろこれからが、人類のほんとうの“あけぼの”なのかもしれないとも思うのです」幼少の思い出から、自らのマンガ、そして未来の子供たちへの想いまで。1989年、他界した天才マンガ家・手塚治虫、最後のメッセージ。
Amazon

手塚治虫の書籍一覧(Amazon)

 

「TOP」