トーベ・ヤンソンの名言


スナフキンの名言(トーベ・ヤンソン)

Tove Jansson
トーベ・ヤンソン

フィンランドの画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家。代表作は『ムーミン』シリーズ。

国: フィンランド(ヘルシンキ)
生: 1914年8月9日
没: 2001年6月27日(享年86歳)

【その生涯】 スナフキンの名言集へ行く

1914年8月9日、フィンランドのヘルシンキに長女として生まれる。父はスウェーデン系フィンランド人の彫刻家、母はスウェーデン人画家であった。

トーベ・ヤンソンは自然に絵を覚え、15歳のときに政治風刺を中心とする雑誌の挿絵を描き始める。また、10代から20代にかけてストックホルムの工芸専門学校、ヘルシンキの芸術大学、パリの美術学校などへ通った。

1945年、31歳のときに、ムーミントロールを主役にした小説第1作『小さなトロールと大きな洪水』を出版。

1953年から英イブニング・ニュース紙でコミック版ムーミンの連載を開始。週6日掲載され、たちまち大人気となり世界各国に配信されて愛されるようになる。連載は1975年まで続いた。

1966年、52歳のときにトーベ・ヤンソンは国際アンデルセン賞作家賞を受賞。

2001年6月27日、トーベ・ヤンソンは86年の生涯を閉じた。トーベ・ヤンソンには、20代の「タバコを吸う娘」と60代の「自画像」という2つの自画像の油絵があった。若いときから酒とタバコが好きであったという。

 
スナフキンについて

スナフキンの名前は、英語名の Snufkin からで、嗅ぎタバコ(スナフ:sunff)に由来する。原作のスウェーデン語の名前はスヌスムムリク。これも嗅ぎタバコ兄さんといった意味。ただし、原作やコミックスにおいて嗅ぎタバコは嗅がず、パイプ煙草を愛好している。

スナフキンは自由と孤独、音楽を愛する旅人。物事を所有せず、身軽に生きていくことを好み、リュックサックひとつで世界中を旅する。

ムーミントロールとスナフキンは親友同士。ちびのミイは異父姉であり、スナフキンはミムラ夫人とヨクサルの息子。

スナフキンの自由気ままな生き方は、日々の生活に疲れた一部の大人たちの郷愁・憧れも誘い、「スナフキン的な生き方」は理想の生活、スローライフの代名詞としても用いられている。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全173人)
 

スナフキン 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

– スナフキンの名言 –

自分できれいだと思うものは、なんでもぼくのものさ。その気になれば、 世界中でもね。

I own everything that I see and everything that pleases me. I own the entire world.

人の涙をもてあそんだり、人の悲しみをかえりみない者が涙を流すなんておかしいじゃないか。

だれかを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は、得られないんだよ。

One can never be truly free if one admires others too much.

大切なのは、自分のしたいことを、自分で知ってることだよ。

なんでも自分のものにして、持って帰ろうとすると、むずかしいものなんだよ。ぼくは、見るだけにしているんだ。そして立ち去る時は、それを頭の中へしまっておくのさ。ぼくはそれで、かばんをもち歩くよりも、ずっとたのしいね。

Everything gets so difficult if you want to own things. I just look at them – and then when I continue on my way I can remember them in my head. I prefer that to dragging a suitcase.

あんまり大袈裟に考えすぎない様にしろよ。何でも大きくしすぎちゃ駄目だぜ。

長い旅行に必要なのは大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ。

みんなに騒がられて、偉くなったように思ってはいけないよ。

おだやかな人生なんて、あるわけがないですよ。

この世にはいくら考えてもわからない、でも、長く生きることで解かってくる事がたくさんあると思う。

今日、ぼくらは、とびっきり特別なことをしなくっちゃ!だって、すばらしい天気になりそうだもの。

Today we must do something very special, for it will be a glorious day.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒