チャーチルの名言


チャーチルの名言

Winston Churchill
ウィンストン・チャーチル

イギリスの政治家、ノーベル文学賞受賞。第二次世界大戦中に首相となり、英国の戦争を主導した。

国: 英国
生: 1874年11月30日
没: 1965年1月24日(享年90歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1874年11月30日、イングランド南東部のオックスフォードシャーに生まれる。父は保守党の政治家、母はアメリカ人投機家の娘であった。

父がアイルランド総督の祖父の秘書となったため、幼少期はアイルランドで過ごす。チャーチルは幼少期から勉強が嫌いで成績も悪く、大学には進学せず、陸軍士官学校に入学した。

1894年、20歳のときに士官学校を優秀な成績で卒業。騎兵隊に配属される。1895年にスペイン軍に従軍して初めて実戦を経験。1896年には英領インドに転勤している。

1899年、24歳で陸軍を除隊。チャーチルは庶民院議員選挙に保守党候補として出馬するも落選。

1900年の第二次ボーア戦争には『モーニング・ポスト』紙の特派員となり戦地に赴くも捕虜となる。しかし、捕虜収容所から脱走したことによりチャーチルは知名度を上げた。

1900年の総選挙で保守党候補として初当選を果たす。その後、自由貿易護持の立場を明確にしない保守党を見限り、自由党へ移籍。1908年、33歳の若さで通商大臣に就任。1911年に海軍大臣に就任。

1914年に第一次世界大戦が始まると失敗もあり海軍大臣を外される。しかし、1917年に再入閣を果たし、戦車の増産に努め、英国の勝利に貢献した。

1923年、自由党が労働党に接近するとチャーチルは反社会主義の立場からこれに反発し、自由党を離党。1924年の総選挙には保守党候補として当選。

1939年9月に第二次世界大戦が勃発。これを機にチャーチルは海軍大臣として閣僚に復帰。1940年、66歳のときに首相に就任。同時期に西方電撃戦を開始したドイツ軍に惨敗し、フランスは陥落。しかし、英国本土の制空権を狙うドイツ空軍の攻撃は撃退する。

1940年11月にルーズベルトが米国大統領に三選したことで米国の英国支援が本格化。1941年6月にヒトラーが独ソ戦を開始したことでスターリンのソビエト連邦と同盟関係になる。

1941年12月に日本が真珠湾を攻撃したことで米国とも同盟関係になる。1943年11月、チャーチル、ルーズベルト、スターリンの三巨頭によるテヘラン会談に基づきノルマンディー上陸作戦が決行される。

1945年5月、ドイツが無条件降伏。その後、解散総選挙を行うも、保守党は惨敗し、チャーチルは政権を失う。チャーチルは、その後も反共外交を行い、ヨーロッパ合衆国構想などを推し進めた。

チャーチルの回顧録『第二次世界大戦』は、1953年にノーベル文学賞を受賞。

1965年1月24日、チャーチルは90年の生涯を閉じた。女王エリザベス2世の意向により、遺体を入れた棺は3日間ウェストミンスター・ホールに安置され、30万人もの人々が訪れたという。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

チャーチル 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4 5

Page: 1

勇気とは、起立して声に出すことである。勇気とはまた、着席して耳を傾けることでもある。

Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen.

行動する事は少しも恐れはしない。恐れるのは、ただ無為に時を過ごす事だけだ。

I never worry about action, but only inaction.

正直であることは立派なこと。しかし正しくあることも大事だ。

It is a fine thing to be honest, but it is also very important to be right.

凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。

Kites rise highest against the wind – not with it.

私は楽観主義者だ。それ以外のものであることは、あまり役に立たないようだ。

I am an optimist. It does not seem too much use being anything else.

先を見すぎてはいけない。運命の糸は一度に一本しかつかめないのだ。

It is a mistake to try to look too far ahead. The chain of destiny can only be grasped one link at a time.

私は豚が好きだ。犬は我々を尊敬し、猫は我々を見下す。しかし、豚は我々を対等に扱ってくれる。

I like pigs. Dogs look up to us. Cats look down on us. Pigs treat us as equals.

成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。

Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts.

敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ。

You have enemies? Good. That means you’ve stood up for something, sometime in your life.

力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。

Continuous effort – not strength or intelligence – is the key to unlocking our potential.

私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである。

My most brilliant achievement was my ability to be able to persuade my wife to marry me.

我々は得ることで生計を立て、与えることで生きがいを作る。

We make a living by what we get, but we make a life by what we give.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒