吉田松陰の名言


吉田松陰の名言

Shōin Yoshida
吉田松陰

日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者。明治維新の精神的指導者・理論者・倒幕論者。

国: 日本・長州藩(現在の山口県萩市)
生: 1830年9月20日
没: 1859年11月21日(享年29歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1830年9月20日、長州萩城下松本村(現:山口県萩市)で長州藩士・杉常道の次男として生まれる。

1834年、4歳の頃、叔父で山鹿流兵学師範である吉田大助の養子となり、兵学を修める。翌年に大助が亡くなったため、叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で指導を受ける。

松陰は9歳で藩校・明倫館の兵学師範に就任。11歳のときに藩主・毛利慶親への御前講義によりその才能が認められる。

松陰はアヘン戦争(1840~1842)で清が西洋列強に大敗したことを知ると、山鹿流兵学が時代遅れになったことを痛感。1850年、20歳で西洋兵学を学ぶために九州に遊学した。その後、江戸に出て佐久間象山に師事。

1852年、松陰は友人と東北旅行を計画するが、出発日の約束を守るため、長州藩の通行手形の発行を待たず脱藩。江戸に帰着後、罪に問われて士籍剥奪・世禄没収の処分を受ける。

1853年、ペリーの浦賀来航を視察し、西洋の先進文明に心を打たれて外国留学を決意。長崎に寄港していたロシア軍艦に乗り込もうとするも失敗する。

1854年にペリーが再航した際には、漁民の小舟を盗んで伊豆下田港に停泊中のポーハタン号へ赴き、密航を訴えるが拒否される。松陰は自首し、長州へ檻送され幽囚される。

1855年、25歳のときに出獄を許され幽閉処分となる。1857年に叔父の松下村塾の名を引き継ぎ、松下村塾を開塾。久坂玄瑞、高杉晋作伊藤博文、山縣有朋、前原一誠、品川弥二郎らを教育する。

1858年、松陰は幕府が無勅許で日米修好通商条約を締結したことを知って激怒。老中の暗殺を計画するも弟子らは反対して同調しなかったため計画は頓挫。

さらに、幕府が日本最大の障害になっていると批判し、倒幕をも持ちかけたため、藩に危険視され、再び幽囚される。

その後、井伊直弼による安政の大獄が始まると、松陰は江戸の伝馬町牢屋敷に送られる。松陰は尋問に際し老中暗殺計画を自ら進んで告白し、自身を「死罪」にするのが妥当だと主張。

井伊直弼の逆鱗に触れ、1859年11月21日、松陰は伝馬町牢屋敷にて斬首刑に処され、29年の生涯を閉じた。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全173人)
 

吉田松陰 名言集


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

学問とは、人間はいかに生きていくべきかを学ぶものだ。

過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ。

みだりに人の師となるべからず。みだりに人を師とすべからず。

人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない。

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり。

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

今の世の中、優れた人物がいないと人は言うが、上の者が優れている人物を好むということさえすれば、人物がいないことを心配する必要はない。

奪うことができないものは志である。滅びないのはその働きである。

死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし、生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。

英雄はその目的が達成されないときには悪党や盗人とみなされるものだ。世の中の人から馬鹿にされ、虐げられたときにこそ、真の英雄かどうかがわかる。

利をうとんずるといふ事は、必ずしも富を厭ひ貧を欲するといふ事ではない。貧富によりて少しも心をみださないといふことである。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒