吉田松陰

吉田松陰名言・格言集

Shōin Yoshida
吉田松陰

江戸時代末期の志士、長州藩士、思想家、教育者、兵学者。明治維新の精神的指導者。老中暗殺計画の詳細を自供し、自身を死罪にするのが妥当だと主張、斬刑に処された。松下村塾では、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋らを教育した。

国: 日本・長州藩(萩城下松本村/現在の山口県萩市)
生: 1830年9月20日
没: 1859年11月21日(享年29歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語名言 ・かっこいい英語名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全165人)
 

名言集


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

学問とは、人間はいかに生きていくべきかを学ぶものだ。

過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ。

みだりに人の師となるべからず。みだりに人を師とすべからず。

人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない。

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり。

学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。したり止めたりであれば、ついに成就することはない。

今の世の中、優れた人物がいないと人は言うが、上の者が優れている人物を好むということさえすれば、人物がいないことを心配する必要はない。

奪うことができないものは志である。滅びないのはその働きである。

死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし、生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。

英雄はその目的が達成されないときには悪党や盗人とみなされるものだ。世の中の人から馬鹿にされ、虐げられたときにこそ、真の英雄かどうかがわかる。

利をうとんずるといふ事は、必ずしも富を厭ひ貧を欲するといふ事ではない。貧富によりて少しも心をみださないといふことである。

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒