吉川英治の名言



吉川英治の名言

Eiji Yoshikawa
吉川英治

小説家。1935年に連載を開始した『宮本武蔵』は大衆小説の代表的な作品となる。戦後は『新・平家物語』、『私本太平記』などの大作を執筆した。

国: 日本(神奈川県久良岐郡中村根岸、現在の横浜市)
生: 1892年8月11日
没: 1962年9月7日(享年70)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

かっこいいひとこと ・頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全203人)
 

吉川英治 名言集

 
 
(P. 2 3

吉川英治の名言(P. 1)

晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。

吉川英治の名言

たとえ、いかなる逆境、悲運にあおうとも、希望だけは失ってはならぬ。「朝の来ない夜はない」のだから。

吉川英治の名言

登山の目標は山頂と決まっている。しかし、人生の面白さはその山頂にはなく、かえって逆境の、山の中腹にある。

吉川英治の名言

あれになろう、これになろうと焦るより、富士のように、黙って、自分を動かないものに作り上げろ。世間に媚びずに世間から仰がれるようになれば、自然と自分の値うちは世の人がきめてくれる。

吉川英治の名言

勝つは負ける日の初め、負けるはやがて勝つ日の初め。

吉川英治の名言

いいじゃないか、5年道草をくったら、5年遅く生まれて来たと思うのだ。

吉川英治の名言

転機は、運命と自己との飽和された合作でなければならない。転機はいつも、より生きんとする、若い希望の前にのみある。

吉川英治の名言

行き詰まりは展開の一歩である。

吉川英治の名言

戒めなければならないのは味方同士の猜疑である。味方の中に知らず知らず敵を作ってしまう心なき業である。

吉川英治の名言

人と人との応接は、要するに鏡のようなものである。驕慢は驕慢を映し、謙遜は謙遜を映す。人の無礼に怒るのは、自分の反映へ怒っているようなものといえよう。

吉川英治の名言

禍はいつも幸福の仮面をかぶって待っている。

吉川英治の名言

職業に貴賎はない。どんな職業に従事していてもその職業になり切っている人は美しい。

吉川英治の名言

 
次ページへ続きます。
 

「次ページへ」