夢をあきらめない


Page: 2

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma – which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

スティーブ・ジョブズ(米国の実業家、アップル創業者 / 1955~2011)

夢を捨てるとき、この世は存在しなくなる。

ウィンストン・チャーチル(英国の政治家、ノーベル文学賞受賞 / 1874~1965)

チャンピオンはジムで作られるものじゃない。彼らの奥深くにある「何か」で作られるんだ。例えば願望、夢、ビジョン。そのためにはどんな土壇場でも耐えるスタミナと、少しばかりのすばしっこさ、そして技術と意志が必要だろう。だが意志の力はどんな技術よりも更なる強さを与えてくれる。

Champions aren’t made in gyms. Champions are made from something they have deep inside them: A desire, a dream, a vision. They have to have last-minute stamina, they have to be a little faster, they have to have the skill and the will. But the will must be stronger than the skill.

モハメド・アリ(米国の元プロボクサー / 1942~)

行為する者にとって、行為せざる者は最も過酷な批判者である。

福沢諭吉(幕末から明治初期の中津藩士、啓蒙思想家、教育者 / 1835~1901)

プロの作家とは、書くことをやめなかったアマチュアのことである。

A professional writer is an amateur who didn’t quit.

リチャード・バック(米国の作家『かもめのジョナサン』著者 / 1936~)

あきらめには、二つの種類がある。一つは絶望に根ざし、もう一つは不屈の希望に根ざすものである。

バートランド・ラッセル(英国の哲学者、ノーベル文学賞受賞 / 1872~1970)

オレみたいに何か新しいことをやろうとする人間は、無視されるリスクをいつも背負っているんだ。

マイルス・デイヴィス(米国のジャズトランペット奏者 / 1926~1991)

すべての大偉業は、最初は不可能といわれた。

Every noble work is at first impossible.

トーマス・カーライル(英国の思想家、歴史家 / 1795~1881)

人間は自分に起こった問題を環境のせいにする癖を止めねばならぬ。そして自分の意志(信念と道徳に基づく自分自身の取るべき道)を訓練することを再び学ぶべきだ。

Man must cease attributing his problems to his environment, and learn again to exercise his will – his personal responsibility in the realm of faith and morals.

アルベルト・シュバイツァー(フランスの哲学者、医者、ノーベル平和賞受賞 / 1875~1965)

私がこの芸術の域に達するまでに、どれほどの努力を重ねているかを知ったら、芸術家になりたいとは誰も思わないだろう。

If people knew how hard I had to work to gain my mastery, it would not seem so wonderful at all.

ミケランジェロ(イタリアのルネサンス期の芸術家 / 1475~1564)

自分が何かをやることさえ確かだったら、少しぐらい待っても何でもない。

ロダン(フランスの彫刻家『考える人』の作者 / 1840~1917)

誰もが自分自身の視野の限界を、世界の限界だと思い込んでいる。

Every man takes the limits of his own field of vision for the limits of the world.

ショーペンハウアー(ドイツの哲学者 / 1788~1860)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒