感動する言葉

感動する人生の言葉 / 感動する恋愛の言葉 / 感動する友情・人間関係の言葉 / 感動する仕事の言葉 /

感動する恋愛の言葉(1)

愛するとは、自分の幸せを相手の幸せに重ねることである。

To love is to place our happiness in the happiness of another.

ゴットフリート・ライプニッツ(ドイツの哲学者、数学者 / 1646~1716)

恋に落ちると眠れなくなるでしょう。だって、ようやく現実が夢より素敵になったんだから。

You know you’re in love when you can’t fall asleep because reality is finally better than your dreams.

ドクター・スース(米国の作家、詩人、漫画家 / 1904~1991)

彼女から1000年遠ざかっていても、彼女は私のいとしいひとだよ… 二人の愛は激しすぎておたがいを燃やし尽くしてしまったのさ。

I might run from her for a thousand years and she is still my baby child. Our love is so furious that we burn each other out.

リチャード・バートン(英国の俳優 / 1925~1984)

ほんとうは傍にいたい。二十四時間抱き合っていたい。でもそれが出来なくても、黙ってその人を感じている。その人が世界の中にいるというだけで、存在が充たされ、磁石の針がぴたっと一つの方向を指すように、心はその人に向かっている。

岡本敏子(岡本太郎の養女、実質的な妻 / 1926~2005)

もし、きみが100歳まで生きるとしたら、ぼくは100歳マイナス1日まで生きたいな。そうすれば、きみなしで生きなくてすむもの。

If you live to be a hundred, I want to live to be a hundred minus one day so I never have to live without you.

A・A・ミルン(英国の児童文学作家、詩人、劇作家 / 1882~1956)

本当にすばらしい女性というのは、目ではなく、心に触れてくるものなんだ。

岡本太郎(日本の芸術家 / 1911~1996)

未熟な愛は言う、「愛してるよ、君が必要だから」と。成熟した愛は言う、「君が必要だよ、愛してるから」と。

Immature love says: “I love you because I need you.” Mature love says: “I need you because I love you.”

エーリッヒ・フロム(ドイツの社会心理学者、精神分析学者 / 1900~1980)

女はなぜとか、何のためにとかいった理由なしに愛されることを望むものだ。つまり、美しいからとか、善良であるとか、聡明であるとかいった理由によってではなく、彼女が彼女自身であるという理由によって愛されることを望むものだ。

アミエル(スイスの哲学者、詩人、批評家 / 1821~1881)

愛はいつでも贈り物としてあなたのもとにやってくる。突然、何の前ぶれもなしに。私たちは愛されたいと思って愛するのではない。愛したいから愛するのだ。

レオ・ブスカーリア(米国の教育学者 / 1924~1998)

愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。

バーバラ・デ・アンジェリス(米国の女性作家、心理学者 / 1951~)

恋にとっての不在は、火にとっての風。小さいものは消し去り、大きいものはさらに燃え上がらせる。

Absence is to love what wind is to fire; it extinguishes the small, it inflames the great.

ビュシー=ラビュタン(フランスの貴族 / 1618~1693)

別れたあとの男と女は思い出を分かちあう。

マルセル・アシャール(フランスの劇作家・映画監督 / 1899~1974)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒