パスカルの名言



パスカルの名言(2)

生涯において最も大切なことは職業の選択である。しかし、偶然によってそれは決まる。

パスカルの名言

人間には二種類しかない。一つは自分を罪人だと思っている善人であり、他の一つは、自分を善人だと思っている罪人である。

There are only two kinds of men: the righteous who think they are sinners and the sinners who think they are righteous.

パスカルの名言

人々は美徳の点ではそんなに差異はなく、悪徳の点でのみ差異がある。

パスカルの名言

神を感じるのは心情であって、理性ではない。信仰とは、そのようなものである。

パスカルの名言

美と呼ばれるものは、しばしば流行と地域で決められる。

パスカルの名言

人間はつねに、自分に理解できない事柄は何でも否定したがるものである。

パスカルの名言

知性が増すにつれ、人それぞれの個性をより多く見出すようになる。凡人は人それぞれの違いがわからない。

パスカルの名言

お前は主人から可愛がられ、おだてられたからといって、それだけで奴隷でなくなると思うのか?奴隷よ、お前は実におめでたい。お前の主人はお前をおだてているが、いまにお前を打つであろう。

パスカルの名言

神が存在するということは不可解であり、神が存在しないということも不可解である。

It is incomprehensible that God should exist, and it is incomprehensible that he should not exist.

パスカルの名言

習慣は第二の自然だといわれているが、人は、自然が第一の習慣だということを知らない。

パスカルの名言

想像力は何でもやってのける。それは美と正義と幸福をつくるが、これこそ、この世におけるすべてなのだ。

Imagination disposes of everything; it creates beauty, justice, and happiness, which are everything in this world.

パスカルの名言

無神論は精神の強さを示す。しかし、一定程度までである。

Atheism shows strength of mind, but only to a certain degree.

パスカルの名言

もし、友人が陰でしゃべっていることをお互いに知ったら、友情はほとんど保たれない。

Few friendships would survive if each one knew what his friend says of him behind his back.

パスカルの名言

情念は過度でなければ美しくありえない。ひとは愛しすぎないことには十分に愛していないのだ。

パスカルの名言

美貌のためにある女を愛する人は、その女をいつまでも愛するであろうか? 否である。

パスカルの名言

人間は神と悪魔の間に浮遊する。

パスカルの名言

己はこの世のすべてである。

パスカルの名言

人間にとって苦悩に負けることは恥ではない。快楽に負けることこそ恥である。

パスカルの名言

雄弁も長たらしくなると退屈する。

パスカルの名言

圧制は、自己の秩序を超えて全般を支配しようとするところに存する。

パスカルの名言

偉人が我々より偉いのは頭が少しばかり高く出ているだけのことで、足のほうは我々と同じくらい低いところにある。

パスカルの名言

恥は一つしかない。すなわち、なんの恥も感じないということだ。

パスカルの名言

この無限空間の永遠の静けさが、私をぞっとさせる。

The eternal silence of these infinite spaces frightens me.

パスカルの名言

徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである。

The strength of a man’s virtue should not be measured by his special exertions, but by his habitual acts.

パスカルの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒