努力の名言


努力の名言(4)

結局、真の知識を得ようと望むものは、誰でも艱難の山を一人で登らなければならず、頂上への王道がない以上、私は曲がりくねりながら登らねばならぬことに気付いたのです。

ヘレン・ケラー(米国の教育家、社会福祉活動家、著作家 / 1880~1968) Wikipedia

あなた方は進歩し続けない限りは退歩していることになるのです。目的を高く掲げなさい。

ナイチンゲール(英国の看護師、社会起業家、看護教育学者 / 1820~1910) Wikipedia

この世には二種類の人間がいる。努力する人と人の努力にたよる人。

エラ・ウィーラー・ウィルコックス(米国の女性作家、詩人 / 1850~1919) Wikipedia

ライバルに差をつけたいのなら、環境を変えてほしい。なんだかんだ言っても一度ぬるま湯に浸かってしまうと、なかなか抜け出せない。だから、「何か物足りない」と思ったら、自分のことを知らない環境に飛び込んで行ってほしいと思う。

本田圭佑(日本のプロサッカー選手 / 1986~) Wikipedia

真実の山では、登って無駄に終わることは決してない。

ニーチェ(ドイツの哲学者、古典文献学者 / 1844~1900) Wikipedia

この瞬間、瞬間に、若さとか、年よりとか、力があるないとか、才能とか、金とか、あらゆる条件を超えて、その持てるぎりぎりいっぱいの容量で挑み、生きるということだ。

岡本太郎(日本の芸術家 / 1911~1996) Wikipedia

人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである。

トルストイ(ロシアの小説家、思想家 / 1828~1910) Wikipedia

どんなに時間がかかっても、そんなの問題じゃない。大切なのは目標をもつこと。

ユードラ・ウェルティ(米国の女性作家 / 1909~2001)

僕は運命を信じないのです。ただ実力を磨くことだけを信用しているのですよ。

武者小路実篤(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976) Wikipedia

目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。

ジョン・F・ケネディ(米国の第35代大統領 / 1917~1963) Wikipedia

好きなことだけにのめり込んではいけない。他の分野へチャレンジできなくなってしまうからだ。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは馬鹿げたことだ。

ウォルト・ディズニー(米国のエンターテイナー、実業家 / 1901~1966) Wikipedia

俺は着実に物事を一つずつ築きあげてゆく。現実に合わぬことはやらぬ。

坂本龍馬(幕末の志士、土佐藩郷士 / 1836~1867) Wikipedia

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。

The more I learn, the more I realize I don’t know. The more I realize I don’t know, the more I want to learn.

アインシュタイン(理論物理学者、ノーベル物理学賞受賞 / 1879~1955) Wikipedia

人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950) Wikipedia

教育の根は苦いが、その果実は甘い。

The roots of education are bitter, but the fruit is sweet.

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前384~前322) Wikipedia

生きるということは、死ぬ日まで自分の可能性をあきらめず、与えられた才能や日々の仕事に努力しつづけることです。

瀬戸内寂聴(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~) Wikipedia

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。

ジョン・ラボック(英国の銀行家、政治家、生物学者 / 1834~1913)

過去の成果で未来を生きることはできない。人は一生何かを生み出し続けなければならない。

カール・ハッベル(米国の元メジャーリーグ投手 / 1903~1988)

明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでもかまわないことだけだ。

パブロ・ピカソ(スペイン出身の画家、彫刻家 / 1881~1973) Wikipedia

桃栗三年柿八年 だるまは九年 俺は一生

武者小路実篤(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976) Wikipedia

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

吉田松陰(幕末の長州藩士、明治維新の精神的指導者 / 1830~1859) Wikipedia

あきらめないことだ。一度あきらめると習慣になる。

斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家 / 1916~2006) Wikipedia

今日なし得ることに全力をつくせ。しからば明日は一段の進歩あらん。

アイザック・ニュートン(英国の哲学者、物理学者、数学者 / 1643~1727)

決して満足しない。それが僕の性格なんだ。もう十分ってことはない。絶対にね。

My attitude is never to be satisfied, never enough, never.

デューク・エリントン(米国のジャズオーケストラリーダー / 1899~1974) Wikipedia

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒