自由の名言



自由の名言(2)

なぜ、人々の心に自由に生きることへの強い愛着が生まれてくるのか、という問いへの答えは簡単である。歴史上、自由を持つ国だけが領土を拡張し経済的にも豊かになったからである。

マキャヴェッリ(イタリアの政治思想家、外交官 / 1469~1527) Wikipedia

人民の自由は、国家の強さに比例する。

ルソー(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身の哲学者 / 1712~1778) Wikipedia

一家一人の為に発する怒りは小なる怒りにて、一国の為に発する怒りは大いなる怒りである。大いなる怒りは、国家社会の進歩発展を促す。

渋沢栄一(日本の武士、官僚、実業家、日本資本主義の父 / 1840~1931) Wikipedia

互いに自由を妨げない範囲において、我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。

カント(ドイツの哲学者 / 1724~1804) Wikipedia

賢者のみが自由人にして、卑劣なる人間は奴隷なり。

ディオゲネス(古代ギリシアの哲学者 / 紀元前412~前323)

世界で最も素晴らしいことは、自立の方法を知ることである。

The greatest thing in the world is to know how to belong to oneself.

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) Wikipedia

人間はなんといっても不合理だ。人間は自分のもっている自由は決して行使しないで、自分のもっていない自由を要求する。彼らは思索の自由を持っているが、表現の自由を要求する。

How absurd men are! They never use the liberties they have, they demand those they do not have. They have freedom of thought, they demand freedom of speech.

キルケゴール(デンマークの哲学者、実存主義の創始者 / 1813~1855) Wikipedia

自由とは、より良くなるための機会のことだ。

Freedom is nothing but a chance to be better.

アルベール・カミュ(フランスの小説家、ノーベル文学賞受賞 / 1913~1960) Wikipedia

自由であろうと望んだ瞬間に、人は自由となる。

Man is free at the instant he wants to be.

ヴォルテール(フランスの哲学者、作家、文学者、歴史家 / 1694~1778) Wikipedia

よい生活は、恐怖や束縛やお互いの自由に対する干渉の上に築くことはできない。

バートランド・ラッセル(英国の哲学者、ノーベル文学賞受賞 / 1872~1970) Wikipedia

善良な人間以外に自由を心から愛せる者はいない。それ以外の人間は、自由ではなく、放縦を愛しているのである。

None can love freedom heartily, but good men; the rest love not freedom, but license.

ジョン・ミルトン(英国の詩人 / 1608~ 1674) Wikipedia

真の自由とは、自分自身に対してあらゆることをなしうるということである。

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) Wikipedia

神は私たちに生命を与え、同時に自由を与えた。

The God who gave us life, gave us liberty at the same time.

トーマス・ジェファーソン(米国の第3代大統領、アメリカ独立宣言の主要な作者 / 1743~1826) Wikipedia

民衆というものは、善政に浴している限り、特に自由などを望みもしなければ、求めもしないものである。

マキャヴェッリ(イタリアの政治思想家、外交官 / 1469~1527) Wikipedia

人民の意志が、どのような政府にとっても正当な基盤であり、人民の表現の自由を守ることが私たちの一番の目的とすべきだ。

The will of the people is the only legitimate foundation of any government, and to protect its free expression should be our first object.

トーマス・ジェファーソン(米国の第3代大統領、アメリカ独立宣言の主要な作者 / 1743~1826) Wikipedia

自由が欲しい時は、他人に頼んじゃいけないんだよ。君が自由だと思えば、もう君は自由なんだ。

リチャード・バック(米国の作家『かもめのジョナサン』著者 / 1936~) Wikipedia

反抗の精神こそが、自由の土台である。従順さは奴隷の土台に違いない。

Disobedience is the true foundation of liberty. The obedient must be slaves.

ソロー(米国の作家、詩人、思想家 / 1817~1862) Wikipedia

学問を伴わぬ自由は危険であり、自由を伴わぬ学問は空虚である。

Liberty without learning is always in peril; learning without liberty is always in vain.

ジョン・F・ケネディ(米国の第35代大統領 / 1917~1963) Wikipedia

私は民主的で自由な社会の実現のために生きている。しかし、もし必要あらば、その理想のために私は死ぬことを覚悟している。

ネルソン・マンデラ(南アフリカの政治家、ノーベル平和賞受賞 / 1918~2013) Wikipedia

板垣死すとも自由は死せず

板垣退助(幕末から明治の土佐藩士、自由民権運動の主導者 / 1837~1919)

人間は、時には自由であったり時には奴隷であったりすることはできないであろう。人間は常に全面的に自由であるか、あるいは常に全面的に自由でないか、そのいずれかである。

サルトル(フランスの哲学者、小説家、劇作家 / 1905~1980) Wikipedia

白人に知らせよう、もしここが自由の国ならば、自由の国のようにせよと。自由の国でないなら、変えようではないかと。

You let that white man know, if this is a country of freedom, let it be a country of freedom; and if it’s not a country of freedom, change it.

マルコムX(米国の黒人公民権運動家 / 1925~1965) Wikipedia

自由を放棄することは、人間としての資格を放棄することである。人間としての権利を放棄することである。すべてを放棄する人にとっては、いかなる補償もありえない。

ルソー(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身の哲学者 / 1712~1778) Wikipedia

支配することが最も少ない政府が、最良の政府である。

ソロー(米国の作家、詩人、思想家 / 1817~1862) Wikipedia

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒