ピーター・ドラッカーの名言



ピーター・ドラッカーの名言(2)

指揮者は、一人の人間を受け入れるために、楽譜を書き直したりはしない。

ピーター・ドラッカーの名言

21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

ピーター・ドラッカーの名言

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。

ピーター・ドラッカーの名言

最も重要なことから始めよ。

ピーター・ドラッカーの名言

企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。

ピーター・ドラッカーの名言

最初はダメでも何度でもやり直せという態度は誤りである。

ピーター・ドラッカーの名言

有能さは修得できる。

ピーター・ドラッカーの名言

人を見分ける力に自信のある人ほど間違った人事を行う。人を見分けるなどは限りある身の人間に与えられた力ではない。

ピーター・ドラッカーの名言

間違った問題への正しい答えほど始末におえないものはない。

ピーター・ドラッカーの名言

自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。

ピーター・ドラッカーの名言

変化はコントロールできない。できることは、その先頭にたつことだけである。

ピーター・ドラッカーの名言

表の風に吹かれろ!

ピーター・ドラッカーの名言

革新とは、単なる方法ではなくて、新しい世界観を意味する。

ピーター・ドラッカーの名言

生産性の本質を測る真の基準は量ではなくて、質である。

ピーター・ドラッカーの名言

問題解決を図るよりも、新しい機会に着目して創造せよ。

ピーター・ドラッカーの名言

成果とはつねに成功することではない。そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない。

ピーター・ドラッカーの名言

今日、完全な青写真を提示している者は、何が本当の問題かを知らないことを暗に白状しているにすぎない。

ピーター・ドラッカーの名言

昨日を捨てよ。

ピーター・ドラッカーの名言

企業は何よりも「アイデア」であり、アイデアを生むことができるのは個々の人間だけである。

ピーター・ドラッカーの名言

経営者が第一になすべき、また絶えず行うべき職責は、現存の資源を用いて最高の成果をあげることである。

ピーター・ドラッカーの名言

忙しい人達が、やめても問題ないことをいかに多くしているかは驚くほどである。なすべきことは、自分自身、自らの組織、他の組織に何ら貢献しない仕事に対しては、ノーと言うことである。

ピーター・ドラッカーの名言

科学的経営経済学などは存在しない。業績を上げる方法は、実は誰でもが承知している。

ピーター・ドラッカーの名言

蛙の卵が池からなくならないのと同様に、アイデアは決して枯渇することはない。

ピーター・ドラッカーの名言

予期せぬ成功はマネジメントに対する挑戦である。

ピーター・ドラッカーの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒