スティーブ・ジョブズの名言



スティーブ・ジョブズの名言(4)

優れた人材には、束ねる重力のようなのもが必要だ。

スティーブ・ジョブズの名言

あなたと僕は未来をつくるんです。

スティーブ・ジョブズの名言

オーケー、誰も助けてくれないなら、自分たちでやるまでだ。

スティーブ・ジョブズの名言

いまはまたリスクが溢れている。これはとてもいいことだ。そのリスクを覗いて向こう側を見てみると、なんだか大きく化けそうだと思えてくる。

スティーブ・ジョブズの名言

ピンチの時には身近にいる社員を総動員して、彼らを信じるんだ。

スティーブ・ジョブズの名言

マイクロソフト社がマックをコピーすることに長けていたわけではない。マックが10年もの間コピーしやすい製品だっただけだ。それはアップル社の問題だ。独自性は消えてしまった。

スティーブ・ジョブズの名言

昔を振り返るのはここでやめにしよう。大切なのは明日何が起きるかだ。

スティーブ・ジョブズの名言

優秀だと聞いていたが、ガラクタばかりつくっていたな。僕のところで働けよ。

スティーブ・ジョブズの名言

前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたからだ。

スティーブ・ジョブズの名言

アップルとは、既成概念の外で思考できる人々のことだ。

スティーブ・ジョブズの名言

テレビを観るのは、自分の脳のスイッチをオフにするためであり、コンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときでしょう。

We think basically you watch television to turn your brain off, and you work on your computer when you want to turn your brain on.

スティーブ・ジョブズの名言

知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です。

スティーブ・ジョブズの名言

ある期間、完全に失敗だと言われ続けることになる。

スティーブ・ジョブズの名言

インターネットは驚異的だが感動を呼び起こすことはない。感動的なことをコンピューターで実現したいのだ。

スティーブ・ジョブズの名言

コンピュータに進んだのは、やってる人がほとんどいない領域だったからだ。

スティーブ・ジョブズの名言

すぐれた仕事ができないのは、そう期待されていないからだ。

スティーブ・ジョブズの名言

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。

スティーブ・ジョブズの名言

何が起こるかをぴたりと当てることはできない。しかし、どこへ向かっているかを感じることはできる。

スティーブ・ジョブズの名言

改革はトップから始めなければだめだ。

スティーブ・ジョブズの名言

混乱して方向を変えれば多くの壁に衝突することになる。

スティーブ・ジョブズの名言

イノベーションは、研究開発費の額とは関係がない。アップル社がマックを開発したとき、米IBM社は少なくとも私たちの100倍の金額を研究開発に投じていた。大事なのは金ではない。抱えている人材を、いかに導いていくか、どれだけ目標を理解しているかが重要だ。

スティーブ・ジョブズの名言

お金は損するかもしれないけど、自分の会社が持てる一生に一度のチャンスだ。

スティーブ・ジョブズの名言

たいていの人ならあきらめそうな、つらい時期が何度も訪れる。

スティーブ・ジョブズの名言

インターネットやパソコンは、知識や情報を伝えることに偏っている。私はパソコンを人間性溢れる存在にし、人々が自分の感情を、より豊かに表現する手伝いをしたい。

スティーブ・ジョブズの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒