心に残る名言


Page: 6

ユリウス・カエサルの名言
ユリウス・カエサル

人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。

Men willingly believe what they wish.

ユリウス・カエサル(共和政ローマ期の政治家、軍人 / 紀元前100~紀元前44)

 

デール・カーネギーの名言
デール・カーネギー

どんな愚者でも批判し、非難し、文句を言うことはできる。そして、多くの愚者がそうする。

Any fool can criticize, condemn and complain – and most fools do.

デール・カーネギー(米国の実業家、作家、セミナー講師 / 1888~1955)

 

ヘレン・ケラーの名言
ヘレン・ケラー

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。

ヘレン・ケラー(米国の教育家、社会福祉活動家、著作家 / 1880~1968)

 

マルティン・ルターの名言
マルティン・ルター

たとえ明日世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。

Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.

マルティン・ルター(ドイツの宗教改革者 / 1483~1546)

 

ガリレオ・ガリレイの名言
ガリレオ・ガリレイ

結果にはすべて… 原因がある。

ガリレオ・ガリレイ(イタリアの物理学者、天文学者、哲学者 / 1564~1642)

 

ニュートンの名言
アイザック・ニュートン

自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。

アイザック・ニュートン(英国の哲学者、物理学者、数学者 / 1643~1727) 

 

吉田松陰の名言
吉田松陰

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

吉田松陰(幕末の長州藩士、思想家、教育者、明治維新の精神的指導者 / 1830~1859)

 

高杉晋作の名言
高杉晋作

負けて退く人をよわしと思うなよ。知恵の力の強きゆえなり。

高杉晋作(江戸時代末期の志士、長州藩士、奇兵隊を創設 / 1839~1867)

 

西郷隆盛の名言
西郷隆盛

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり。

西郷隆盛(幕末から明治初期の薩摩藩士、維新の三傑の一人 / 1828~1877)

 

大久保利通の名言
大久保利通

目的を達成する為には人間対人間のうじうじした関係に沈みこんでいたら物事は進まない。そういうものを振り切って、前に進む。

大久保利通(幕末から明治初期の薩摩藩士、政治家、維新の三傑の一人 / 1830~1878)

 

勝海舟の名言
勝海舟

自分の価値は自分で決めることさ。つらくて貧乏でも自分で自分を殺すことだけはしちゃいけねぇよ。

勝海舟(幕末から明治初期の武士(幕臣)、政治家 / 1823~1899)

 

中村天風の名言
中村天風

今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず、正直、親切、愉快に生きよ。

中村天風(日本初のヨーガ行者、天風会の創始者 / 1876~1968)

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒