ドストエフスキーの名言



ドストエフスキーの名言(2)

人間の後半生は、通常、前半生で蓄積された習慣のみで成り立つ。

It seems, in fact, as though the second half of a man’s life is made up of nothing, but the habits he has accumulated during the first half.

ドストエフスキーの名言

金が何よりも卑しく、しかも厭わしいのは、それが人間に才能まで与えるからである。

What is most vile and despicable about money is that it even confers talent.

ドストエフスキーの名言

あの言葉はもちろん、思わず口からこぼれたのだが、思わず言っただけによけい重大なのだ。

ドストエフスキーの名言

みんなのために自発的にいのちを捨てること、みんなのために十字架にのぼり、火刑の火の中に入ることは、個性が最も強度に発達したときに初めてできることである。

ドストエフスキーの名言

堪え忍べ、働け、祈れ、そしてつねに希望を持て。これがわたしが全人類に一度に吹き込もうと願っている真理なのです!

ドストエフスキーの名言

苦痛こそ生活なのだ。苦痛がなければ、いったい人生にどんな快楽があろう。

ドストエフスキーの名言

思想は常に人間よりも現実的である。

ドストエフスキーの名言

神がいなければ、すべてが許される。

ドストエフスキーの名言

人間には、幸福のほかに、それとまったく同じだけの不幸がつねに必要である。

ドストエフスキーの名言

人類の最も偉大な思考は、意志をパンに変えるということである。

ドストエフスキーの名言

夫が妻にとって大事なのは、ただ夫が留守の時だけである。

ドストエフスキーの名言

問題は時間にあるのではなく、あなた自身にあるのです。

ドストエフスキーの名言

幸福は幸福の中にあるのではなく、それを手に入れる過程の中だけにある。

Happiness does not lie in happiness, but in the achievement of it.

ドストエフスキーの名言

一杯の茶を飲めれば、世界なんか破滅したって、それでいいのさ。

I say let the world go to hell, but I should always have my tea.

ドストエフスキーの名言

あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。

ドストエフスキーの名言

もし他に方法がなければ乞食になってもいい。しかも乞食になったらその日から、手に入ったお金は自分のためにも、家族のためにも、無駄なことに絶対に浪費しないという徹底的な粘り強さ - これさえあれば、人間は誰でも金持ちになれるものである。

ドストエフスキーの名言

完全な自由というものは、生きていても生きていなくてもまったく同じになったとき、はじめて得られるものなんです。

ドストエフスキーの名言

苦痛と恐怖を征服した人間が、神となるのです。そのときにこそ新しい生がはじまる。新しい人間が生まれる。すべてが新しくなるのです。

ドストエフスキーの名言

私は何か善を行おうと思いながら、そこに喜びを感ずることができる。また同時に、悪を行いたいとも思い、そこにも喜びを覚えることもできる。

ドストエフスキーの名言

神様が時間を少ししか下さらず、一日に僅か24時間しか割り振ってくださらなかったもんだから、悔い改めることはおろか、十分に眠る暇もありゃしない。

ドストエフスキーの名言

人間のできる唯一のことは、自分自身が精神的に成長することです。

ドストエフスキーの名言

青春は、それが青春という理由だけで、もう清らかなのです。

ドストエフスキーの名言

夫婦や恋人同士の問題には決して口をだしてはいけない。そこには世間の誰にも分からない、二人だけしか知らない一隅があるのだから。

ドストエフスキーの名言

幼年時代の思い出から得た神聖な貴重なものなしには、人間は生きてゆくこともできない。

ドストエフスキーの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒