ゲーテの名言



ゲーテの名言(4)

種をまくことは、取り入れほど困難ではない。

ゲーテの名言

真理はたいまつである。しかも巨大なたいまつである。だから私たちはみんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとするのだ。やけどする事を恐れて。

ゲーテの名言

人は各種各様の旅をして、結局、自分が持っていたものだけを持って帰る。

ゲーテの名言

人間は常に迷っている。迷っている間は常に何かを求めている。

ゲーテの名言

生の歓びは大きいけれども、自覚ある生の歓びはさらに大きい。

ゲーテの名言

大切なことを、つまらぬものの犠牲にしてはならぬ。

ゲーテの名言

発言し、活動しなければならない。多数派に属するか、少数派に属するかはまったくどうでもいいことだ。

ゲーテの名言

本当に不幸なのは、できることを未完のまま放り出し、理解もしていないことをやり始めてしまう人々だ。彼らがやがて嘆くのも無理はない。

ゲーテの名言

いつかは目標に通じる歩みを一歩一歩と運んでいくのでは足りない。その一歩一歩が目標なのだし、一歩そのものが価値あるものでなければならないよ。

ゲーテの名言

どこに行こうとしているのかわからないのに、決して遠くまで行けるものではない。

ゲーテの名言

愛することが苦手な男は、せめてお世辞の言い方くらいは身につけておいた方がいい。

ゲーテの名言

何事も初めは難しい、ということわざは、ある意味では真理かもしれないが、より一般的には、何事も初めは容易だ。最後の段階に登ることこそ一番難しく、これに登り得る人間は稀だ、といえる。

ゲーテの名言

結婚生活はすべての文化の始めであり、頂上である。それは乱暴者を穏やかにし、教養の高い者にとっては、その温情を証明する最上の機会である。

ゲーテの名言

思慮深い人は、決して敵を侮らない。

ゲーテの名言

自分を実際以上に考えることと、真価以下に見積もることは、共に大きな誤りである。

ゲーテの名言

十歳にして菓子に動かされ、二十歳にしては恋人に、三十歳にして快楽に、四十歳にしては野心に、五十歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間は、ただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。

ゲーテの名言

神は、移ろいやすいものだけを美しくした。

ゲーテの名言

人は喧嘩する時、双方とも悪いと感じている。

ゲーテの名言

人間も本当に下等になると、ついに他人の不幸や失敗を喜ぶこと以外の関心をなくしてしまう。

ゲーテの名言

生まれが同時代、仕事が同業、といった身近な人から学ぶ必要は無い。何世紀も普遍の価値、普遍の名声を保ってきた作品を持つ、過去の偉大な人物にこそ学ぶことだ。

ゲーテの名言

誰一人知る人もない人ごみの中をかき分けていくときほど、強く孤独を感じるときはない。

ゲーテの名言

卑怯者は、安全なときだけ居丈高になる。

ゲーテの名言

本当の自由な心とは「認める」ということである

ゲーテの名言

うまく使えば、時間はいつも十分にある。

ゲーテの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒