ゲーテの名言



ゲーテの名言(6)

人々は理解できぬことを低く見積もる。

ゲーテの名言

戦の前に敵を見くびるのは愚かなことであり、勝利のあとで敵に追い討ちをかけるのは卑怯なことである。

ゲーテの名言

天には星がなければならない。大地には花がなければならない。そして、人間には愛がなければならない。

ゲーテの名言

不可能と思えることであっても、まるで可能であるかのように扱うことだ。

ゲーテの名言

名誉を失っても、もともとなかったと思えば生きていける。財産を失ってもまたつくればよい。しかし勇気を失ったら、生きている値打ちがない。

ゲーテの名言

すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる。

ゲーテの名言

なぜ、このように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っている。

ゲーテの名言

一貫したものは環境においてでなく、自分みずからのうちに求めよ。

ゲーテの名言

希望は風雨の夜に早くも朝紅をさす。

ゲーテの名言

考えている事を考え抜く事ができない時のみ、人は本当に考えているのだ。

ゲーテの名言

自分が経験したことは理解していると思いこんでいる人がたくさんいる。

ゲーテの名言

自分自身に命令しない者は、いつになっても下僕にとどまる。

ゲーテの名言

女性を力強く守ることのできる者だけが、女性の愛願を得るに値する。

ゲーテの名言

人にだまされることは決してない。自分にだまされるのだ。

ゲーテの名言

人間には多くの宝、多くの楽しみが与えられている。しかし人生最大の幸福、最も豊かな収穫は、なんといっても善良軽快な心だ。

ゲーテの名言

人生に成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやっている仕事を好きになることである。

ゲーテの名言

憎しみは積極的な不満で、嫉妬は消極的な不満である。したがって、嫉妬がすぐに憎しみに変わっても不思議はない。

ゲーテの名言

努力する人間の困難な問題は、先輩の功を認め、しかも彼らの欠点によって妨げられないことである。

ゲーテの名言

不正なことが不正な方法で除かれるよりは、不正が行われているほうがまだいい。

ゲーテの名言

夕方、私は千匹のハエを殺した。それなのに、早朝、私は一匹のハエに起こされた。

ゲーテの名言

すべてを自分自身のおかげだと思うとしたら、それ以上進歩はできない。

ゲーテの名言

バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。遅れ咲きの茎に輝けるただ一輪、千紫万紅をつぐないて余れり。

ゲーテの名言

逸話集や格言集は社会人にとって最大の宝である。もし前者を適当な場所で会話の中に混ぜ、後者を適切な場合に想起するならば。

ゲーテの名言

気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。

ゲーテの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒