人生が辛い



人生が辛い(2)

物事に敏感で自分なりの価値判断を持っていることを「細心」といいます。気が小さいことは人生の武器なのです。

斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家 / 1916~2006) Wikipedia

不幸からよきものを生み出そうとし、又生み出しえる者は賢い人である。与えられたる運命をもっともよく生かすということは、人間にとって大事である。

武者小路実篤(日本の小説家、詩人、劇作家、画家 / 1885~1976) Wikipedia

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。

Love the life you live. Live the life you love.

ボブ・マーリー(ジャマイカのレゲエミュージシャン / 1945~1981) Wikipedia

あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい。

Whether you believe you can do a thing or not, you are right.

ヘンリー・フォード(米国のフォード・モーター創業者 / 1863~1947) Wikipedia

幸福は伝染するものだ。もし幸福になろうと思うなら、幸福な人々の中で生きたまえ。

スタンダール(フランスの小説家『赤と黒』著者 / 1783~1842) Wikipedia

不快な状況に対峙するなかれ。我慢ならなくとも、受け入れよ。そうするよう心掛ければ、うまくいく。

ウィリアム・ジェームズ(米国の哲学者、心理学者 / 1842~1910) Wikipedia

われわれは幸福も不幸も大げさに考えすぎている。自分で考えているほど幸福でもないし、かといって決して不幸でもない。

We exaggerate misfortune and happiness alike. We are never as bad off or as happy as we say we are.

バルザック(フランスの小説家 / 1799~1850) Wikipedia

我々の苦悩の中でも最も歓迎できないのは、自分の存在を軽蔑することだ。

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592) Wikipedia

運命というものは、人をいかなる災難にあわせても、必ず一方の戸口をあけておいて、そこから救いの手を差しのべてくれるものよ。

セルバンテス(スペインの小説家『ドン・キホーテ』著者 / 1547~1616) Wikipedia

我々の苦悩は、とことんまで経験することによってのみ癒される。

We are healed of a suffering only by experiencing it to the full.

マルセル・プルースト(フランスの作家 / 1871~1922) Wikipedia

あなたが恐れているものではなく、あなたが知っているものに耳を傾けるのです。

Listen to what you know instead of what you fear.

リチャード・バック(米国の作家『かもめのジョナサン』著者 / 1936~) Wikipedia

ささいなことが私たちの慰めになるのは、ささいなことが私たちの苦しみになるからである。

Little things console us because little things afflict us.

パスカル(フランスの哲学者、思想家、数学者 / 1623~1662) Wikipedia

人生に成功した人には、人生に失敗した人が、人生というものをどんなにたいへんなものであると思っているかを、知ることはできない。

A successful man cannot realize how hard an unsuccessful man finds life.

エドガー·ワトソン·ハウ(米国の小説家、新聞編集者 / 1853~1937)

第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい。

イチロー(日本のプロ野球選手、日本及び米国で活躍 / 1973~) Wikipedia

どんなトラブルが起きても微動だにしない。そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。弱音を吐かず覚悟を決めて。

美輪明宏(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家 / 1935~) Wikipedia

悲観的になるのは、自分のことばかり考えているから。

斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家 / 1916~2006) Wikipedia

他人の幸福をうらやんではいけない。なぜならあなたは、彼の密かな悲しみを知らないのだから。

ダンデミス(詳細不明)

涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味は分からない。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832) Wikipedia

何事もゆきづまれば、まず、自分のものの見方を変えることである。案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れがちである。

松下幸之助(日本の実業家、発明家、パナソニック創業者 / 1894~1989) Wikipedia

生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある。

The greatest glory in living lies not in never falling, but in rising every time we fall.

ネルソン・マンデラ(南アフリカの政治家、ノーベル平和賞受賞 / 1918~2013) Wikipedia

人生は生きることが大事なのです。いつも好奇心を持ち続けることです。どんな理由があっても決して人生に背を向けてはいけません。

Life was meant to be lived, and curiosity must be kept alive. One must never, for whatever reason, turn his back on life.

エレノア・ルーズベルト(米国のファーストレディ、人権活動家 / 1884~1962) Wikipedia

人生でもっとも輝かしい時は、いわゆる栄光の時なのでなく、落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来に成し遂げる展望がわき上がるのを感じたときなのだ。

The most glorious moments in your life are not the so-called days of success, but rather those days when out of dejection and despair you feel rise in you a challenge to life, and the promise of future accomplishment.

ギュスターヴ・フローベール(フランスの小説家 / 1821~1880)

人生は芝居のごとし、上手な役者が乞食になることもあれば、大根役者が殿様になることもある。とかく、あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。

福沢諭吉(幕末から明治初期の中津藩士、啓蒙思想家、教育者 / 1835~1901) Wikipedia

人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる。できごとを健全に判断することは、幸福への大きな第一歩である。

Almost all our misfortunes in life come from the wrong notions we have about the things that happen to us. To know men thoroughly, to judge events sanely, is, therefore, a great step towards happiness.

スタンダール(フランスの小説家『赤と黒』著者 / 1783~1842) Wikipedia

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒