トルストイの名言



トルストイの名言(3)

謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか。

トルストイの名言

何の試練も受けていない者は、試練を受けている人に、何も教えることはできません。

トルストイの名言

額に汗して営々と働かなければ、健康な肉体はあり得ない。また健康な思想も頭脳に沸き得ない。

トルストイの名言

幸福になりたいと思い、幸福になろうと努力を重ねること、これが幸福への一番の近道である。

トルストイの名言

自ら精神的に成長し、人々の成長にも協力せよ。それが人生を生きることである。

トルストイの名言

自分を憎む者を愛してやることはできるが、自分が憎む者を愛してやることはできない。

トルストイの名言

女 – それは男の活動にとって、大きなつまずきの石である。女に恋しながら何かをするということは困難である。だがここに、恋が妨げにならないたった一つの方法がある。それは恋する女と結婚することである。

トルストイの名言

女というものはいくら研究を続けても、常に完全に新しい存在である。

トルストイの名言

人間が死んだり、金銭を失ったり、家がないとか、財産がないとかいうことが、哀れなのではない。なぜなら、これらすべてのものは、人間にもともと備わっているものではないからだ。人間は、自分の本来の財産、最高の財産、すなわち「愛するという才能」を失った時が、哀れなのである。

トルストイの名言

わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。

トルストイの名言

強い人々は、いつも気取らない。

トルストイの名言

人間の真価は分数のようなものだ。分母は自己の評価、分子は他人による評価である。分母が大きくなるほど、結局、真価は小さくなる。

トルストイの名言

嫉妬とは、愛の保証への要求である。

トルストイの名言

深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。

トルストイの名言

人間が幸福であるために避けることのできない条件は勤労である。

トルストイの名言

人間は、すべての可能性を自分の内に備えている。

トルストイの名言

戦いにおいて最も重要なことは、最後の勝負に勝つことである。

トルストイの名言

不運は投網のようなもの。引く時は重いが揚げると何もない。そういうものだ。

トルストイの名言

孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。

トルストイの名言

愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者を決して顧みないことです。

トルストイの名言

人々が夢中になって騒ぐもの、それを手に入れるために躍起になって奔走するもの、そうしたものは彼らになんの幸福ももたらさない。

トルストイの名言

別の人間に仕立てようというような不可能なことを、相手に要求してはならない。

トルストイの名言

人と一緒に暮らしている時は、あなたが孤独な生活で知ったことを忘れてはならない。また一人きりになった時には、人間との交流によって知ったことをよく検討してみることである。

トルストイの名言

戦いに勝つのは、必ず勝とうと堅く決心した者だ。

トルストイの名言

 
次ページへ続きます。
 

★「次ページへ」 ⇒