勉強の名言


Page: 2

もし、知識だけを磨いて人間が幸せになれるなら、学問を一生懸命勉強した人はみんな幸福になれそうなもんじゃないですか。そして、学問を勉強しない人はみんな不幸であるべきはずだが、そうじゃないでしょう。

中村天風(日本初のヨーガ行者、天風会の創始者 / 1876~1968)

新しいことを勉強してると世の中は怖くありません。何もしないで、じっとしているから、怖くなるんです。

林家彦六(日本の落語家、8代目林家正蔵 / 1895~1982)

すべてが目標に向かっての勉強なんだと自分に言い聞かせていた。

マイルス・デイヴィス(米国のジャズトランペット奏者 / 1926~1991)

人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。

バーナード・ショー(アイルランドの劇作家、ノーベル文学賞受賞 / 1856~1950)

学問は、ある人にとっては神々しい女神であり、他の人にとってはバターをくれる有能な牝牛である。

シラー(ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家 / 1759~1805)

その年齢の知恵を持たない者は、その年齢のすべての困苦を持つ。

ヴォルテール(フランスの哲学者、作家、文学者、歴史家 / 1694~1778)

言われるままに信じるだけの知識は、ただの切れ端に過ぎない。切れ端としては立派でも、それを集める人の知識の蓄えを少しも増しはしない。

ジョン・ロック(英国の哲学者 / 1632~1704)

暗記することは真に知ることではないのです。それだけなら、記憶の中に託されたものを後生大事に守っているだけなのです。

モンテーニュ(フランスの哲学者、モラリスト / 1533~1592)

習ったことを一生忘れない人間は、仕事を必ずやり遂げ、一生向上を続ける。一方、他の連中は、昔習ったことを学び直すのに一生の大半を費やし、どうにかこうにか面目を保っている。

ウィリアム・ジェームズ(米国の哲学者、心理学者 / 1842~1910)

教養と知識は別物だ。危険だと思われるのは、勉強していくにつれて陥るあの呪われた知識というやつである。どんなものもみな、頭を通らなくては気がすまなくなる。

ヘルマン・ヘッセ(ドイツの小説家、詩人、ノーベル文学賞受賞 / 1877~1962)

学ぶことで才能は開花する。志がなければ、学問の完成はない。

諸葛孔明(中国、三国時代の蜀漢の政治家、軍人 / 181~234)

若者は自分の受ける教育の結果をあれこれと思い悩んではならない。もし毎時間を真剣な気持ちで勉強するならば、あとは成り行きに任せておいても安心である。どんな学問分野を選ぼうと、ひたすらに努力を続ければ、いつかは同世代のすぐれた代表者として、勝利感にひたれる輝かしい朝が来る。

ウィリアム・ジェームズ(米国の哲学者、心理学者 / 1842~1910)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒