チャールズ・ディケンズの名言


チャールズ・ディケンズの名言

Charles Dickens
チャールズ・ディケンズ

イギリスの小説家。ヴィクトリア朝時代を代表する小説家であり、下層階級を主人公とし弱者の視点で社会を諷刺した作品を多く発表した。代表作は『クリスマス・キャロル』『オリバー・ツイスト』『二都物語』『大いなる遺産』など。

国: 英語(ハンプシャー州ポーツマス)
生: 1812年2月7日
没: 1870年6月9日(享年58歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全181人)
 

チャールズ・ディケンズ 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3

Page: 1

この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。

No one is useless in this world who lightens the burden of it to anyone else.

人生において我々が囚われている鎖は、我々が生み出したものに他ならない。

We forge the chains we wear in life.

わたしは自由だけを求める。その蝶たちは自由である。

I only ask to be free. The butterflies are free.

別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない。

The pain of parting is nothing to the joy of meeting again.

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の泥棒だからだ。

My advice is, never do tomorrow what you can do today. Procrastination is the thief of time.

悪い人々がいなければ、よい弁護士もいないだろう。

If there were no bad people, there would be no good lawyers.

慈善を始めるのは家庭内から。そして正義は隣人から。

Charity begins at home, and justice begins next door.

他人に費やされた日は、自分の日を浪費したことにならない。

A day wasted on others is not wasted on one’s self.

太陽は昇ったばかりのときは弱々しいが、時間がたつにつれて力と勇気を増していく。

The Sun himself is weak when he first rises, and gathers strength and courage as the day gets on.

誰もがたくさんもっている今の幸せに目を向けるのです。誰もがもっている過去の不幸は忘れなさい。

Reflect upon your present blessings of which every man has many – not on your past misfortunes, of which all men have some.

人間の心の中には、振動させないほうがよい弦がある。

There are strings in the human heart that had better not be vibrated.

猫の愛より偉大なギフトがあろうか。

What greater gift than the love of a cat.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒