ヘミングウェイの名言


ヘミングウェイの名言

Ernest Hemingway
アーネスト・ヘミングウェイ

アメリカの小説家。『老人と海』が高く評価され、ノーベル文学賞を受賞。

国: 米国(イリノイ州)
生: 1899年7月21日
没: 1961年7月2日(享年61歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1899年7月21日、アメリカ中西部のイリノイ州オークパーク(現在のシカゴ)に6人兄弟の長男として生まれる。

医師の父は活動的な人物で、ヘミングウェイは釣りや狩猟、ボクシングなどの手ほどきを受けた。母は元声楽家であった。

高校卒業後、ヘミングウェイは18歳でミズーリ州の地方紙の見習い記者となるも退職。翌年、赤十字の一員として第一次世界大戦下の北イタリア、フォッサルタ戦線に赴き、重傷を負う。

戦後はカナダ・トロントの新聞社のフリー記者をつとめ、特派員としてパリに渡る。

ヘミングウェイはパリで画家や詩人たちが集うサロンを開いていたアメリカ人作家ガートルード・スタイン(1874~1946)らとの知遇を得て、小説を書きはじめる。

ヘミングウェイは行動派の作家であり、スペイン内戦(1936~1939)にも積極的に関わり、その経験を元に『誰がために鐘は鳴る』、『武器よさらば』などの長編小説を発表した。

ヘミングウェイの短編には簡潔文体の作品が多く、レイモンド・チャンドラー(1888~1959)など、後に続くハードボイルド文学の原点とされている。

1952年、53歳のときに『老人と海』を発表し、高い評価を得る。1954年にはノーベル文学賞を受賞。

しかし、同年、ヘミングウェイは二度の航空機事故に遭う。二度とも奇跡的に生還したが、重傷を負いノーベル賞の授賞式には出られなかった。

以降、ヘミングウェイの売りであった肉体的な頑強さや、行動的な面を取り戻すことはなかった。

晩年は事故の後遺症による躁うつ病に悩まされるようになり、執筆活動も次第に滞りがちになっていく。

1961年7月2日、ヘミングウェイはショットガンで自殺。61年の生涯を閉じた。

ヘミングウェイの生み出した独特でシンプルな文体は、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに多大な影響を与えた。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全170人)
 

ヘミングウェイ 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

The world is a fine place and worth the fighting for.

人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

In order to write about life, first you must live it!

善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。

What is moral is what you feel good after and what is immoral is what you feel bad after.

自殺しない本当の理由、それは地獄が終われば、人生がどれほど素晴らしいものになるかを常に知っているからである。

The real reason for not committing suicide is because you always know how swell life gets again after the hell is over.

人間は、負けるように造られてはいないんだ。殺されることはあっても、負けることはないんだ。

Man is not made for defeat. A man can be destroyed but not defeated.

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。

You can’t get away from yourself by moving from one place to another.

今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

Now is no time to think of what you do not have. Think of what you can do with that there is.

年を重ねると、ヒーローを見つけるのがより難しくなるんです。でも、本当は、年を重ねた時こそ、必要みたいです。

As you get older, it is harder to have heroes, but it is sort of necessary.

作家の仕事とは、判断を下すことではなく理解しようとすること。

The writer’s job is not to judge, but to seek to understand.

誰かを信頼できるかを試すのに一番良い方法は、彼らを信頼してみることだ。

The best way to find out if you can trust somebody is to trust them.

愛していない人間と旅に出てはならない。

Never to go on trips with anyone you do not love.

とにかく、新しい毎日なんだ。

Every day is a new day.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒