元気が出る言葉

Page: 7

自分に出来ることをすべてやったら、結果なんて他人に任せてしまいなさい。

ゴルダ・メイア(イスラエルの元女性首相 / 1898~1978)

過去ばかり振り向いていたのではダメだ。自分がこれまで何をして、これまでに誰だったのかを受け止めた上で、それを捨てればいい。

スティーブ・ジョブズ(米国の実業家、アップル創業者 / 1955~2011)

成果が出ないときこそ、不安がらずに、恐れずに、迷わずに一歩一歩進めるかどうかが、成長の分岐点であると考えています。

羽生善治(日本の将棋棋士、十九世名人 / 1970~)

あせってはいけません。ただ、牛のように、図々しく進んで行くのが大事です。

夏目漱石(日本の小説家、評論家、英文学者 / 1867~1916)

さあ、元気を出して行動に打って出よう、どのような運命にも立ち向かう勇気を持って。いよいよ励み、いよいよ求め、労苦し、時を待つことを学ぶのだ。

ロングフェロー(米国の詩人 / 1807~1882)

悩み事は次の三段階の解決策によって克服することだ。1.まず最悪の事態を考えてみる。2.どうしても避けられないとわかったら、あっさり覚悟を決める。3.次いで、気を落ち着けて、事態の改善に取りかかる。

デール・カーネギー(米国の実業家、作家、セミナー講師 / 1888~1955)

持たなくてもいい重い荷物を、誰に頼まれもしないのに一生懸命ぶらさげていないか。

中村天風(日本初のヨーガ行者、天風会の創始者 / 1876~1968)

気のふさいだ馬を見たことがあるか?しょげかえった小鳥を見たことがあるか?馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に「いいかっこう」を見せようとしないからだ。

デール・カーネギー(米国の実業家、作家、セミナー講師 / 1888~1955)

すべての困難は、あなたへの贈り物を両手に抱えている。

Every problem has a gift for you in its hands.

リチャード・バック(米国の作家『かもめのジョナサン』著者 / 1936~)

バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。遅れ咲きの茎に輝けるただ一輪、千紫万紅をつぐないて余れり。

ゲーテ(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832)

最初、サンザンな目にあう。二度目、オトシマエをつける。三度目、余裕。こういうふうにビッグになっていくしかない。それには、サンザンな目にあった時、落ちこんじゃだめだ。

矢沢永吉(日本のロックミュージシャン / 1949~)

一人前になるには50年はかかるんだ。功を焦るな。悲観するな。もっと根を深く張るんだ。根を深く張れ。

升田幸三(日本の将棋棋士、実力制第四代名人 / 1918~1991)

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒