ヘレン・ケラーの名言


ヘレン・ケラーの名言

Helen Keller
ヘレン・ケラー

アメリカの教育家、社会福祉活動家、著作家。視覚と聴覚の重複障害者でありながらも世界各地を歴訪し、障害者の教育・福祉の発展に尽くす。

国: 米国
生: 1880年6月27日
没: 1968年6月1日(享年87歳)

【その生涯】 名言集へ行く

1880年6月27日、アメリカ南部のアラバマ州タスカンビアに生まれる。

父はドイツ系アメリカ人、母はイングランド系アメリカ人で両親ともに南部の名家の出身であった。ヘレンには異母兄が二人、妹が一人いた。

1882年、ヘレンが2歳(生後19か月)のときに高熱に伴う髄膜炎に罹患する。かろうじて一命は取り留めたものの、聴力、視力、言葉を失った。ヘレンはしつけを受けることの出来ない状態となり、わがままに育ってしまう。

1887年、ヘレンが6歳のときに家庭教師として当時20歳のアン・サリヴァンが派遣される。

アン・サリヴァンは幼少のころに弱視であった自分の経験を生かしてヘレンにしつけ、指文字、言葉を教え、ヘレン・ケラーは話せるようになる。

ヘレンは7歳でボストンの盲学校に入学。14歳でニューヨークのろう学校に入学し、発声の勉強にはげむ。

16歳のときにケンブリッジ女学院に入学。しかし、翌年サリヴァンが校長と教育方針をめぐって衝突し、ヘレンは退学。ヘレンはもう一人の家庭教師キースの手を借りて勉強を続ける。この時期に父が亡くなっている。

1900年、ヘレン20歳のときにラドクリフ・カレッジ(現:ハーバード大学)に入学。1902年に『わたしの生涯』を出版。1904年に卒業し、文学士の称号を得る。

1909年、29歳のヘレンはアメリカ社会党に入党。婦人参政権運動、産児制限運動、公民権運動など多くの政治的・人道的な運動に参加。著作家としても活動を続ける。

1936年にサリヴァンが死去。サリヴァンが病床にあるという理由で来日要請をためらっていたヘレンにサリヴァンは「日本に行っておあげなさい」と遺言したという。

1937年、56歳のヘレンは浅間丸に乗り横浜港に到着。日本各地を訪問した。

1964年、84歳のヘレンにアメリカ政府から文民最高位の勲章である大統領自由勲章が贈られる。

1968年6月1日、ヘレン・ケラーは87年の生涯を閉じた。

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

頑張れる言葉 ・短い英語の名言 ・かっこいい英語の名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・心に残る名言 ・偉人の名言(全170人)
 

ヘレン・ケラー 名言集(英語&日本語)


 
 
(P. 2 3 4

Page: 1

世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません。それは、心で感じなければならないのです。

The best and most beautiful things in the world cannot be seen or even touched. They must be felt with the heart.

世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。

Although the world is full of suffering, it is full also of the overcoming of it.

あきらめずにいれば、あなたが望む、どんなことだってできるものです。

We can do anything we want to if we stick to it long enough.

うつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていなさい。世の中を真っ正面から見つめなさい。

Never bend your head. Always hold it high. Look the world straight in the eye.

もしも、この世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう。

We could never learn to be brave and patient, if there were only joy in the world.

自分の欠点を直視し認めることです。ただし欠点に振り回されてはいけません。忍耐力、優しさ、人を見抜く目を欠点から学びましょう。

Face your deficiencies and acknowledge them; but do not let them master you. Let them teach you patience, sweetness, insight.

あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、あきらめずにがんばれば、うまく行くのです。そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう。

You have set yourselves a difficult task, but you will succeed if you persevere; and you will find a joy in overcoming obstacles.

何か素晴らしいことを達成するための努力というものは、決して無駄にならないことを覚えていなさい。

Remember, no effort that we make to attain something beautiful is ever lost.

私は、自分の障害を神に感謝しています。私が自分を見出し、生涯の仕事、そして神を見つけることができたのも、この障害を通してだったからです。

I thank God for my handicaps. For through them, I have found myself, my work and my God.

人生は胸おどるものです。そしてもっともワクワクするのは、人のために生きるときです。

Life is an exciting business and most exciting when it is lived for others.

顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ。

Keep your face to the sunshine and you cannot see the shadow.

ベストを尽くしてみると、あなたの人生にも他人の人生にも思いがけない奇跡が起こるかもしれません。

When we do the best that we can, we never know what miracle is wrought in our life, or in the life of another.

 
次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

★「次ページへ」 ⇒